« フジサンケイグループ3代目議長だった鹿内宏明Jに“乗っ取り”を仕掛けられた上場企業 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(119)「インデックス・ホールディングスのその後」 »

2008.01.11

重大疑惑浮上の御手洗冨士夫・日本経団連会長(キヤノン会長)の“隠れ”個人事務所を発見

 昨年末、大手ゼネコン「鹿島」の所得隠し発覚を契機に、御手洗冨士夫氏が会長を務める「キャノン」の工場建設を巡り、御手洗氏側への裏金疑惑が浮上。東京地検も重大な関心を抱いている模様であることは、本紙でも既報の通り。そんななか、御手洗氏の個人事務所が東京都千代田区のビルにあることがわかった。もちろん、個人事務所を持つのは勝手だ。だが、後述するように、同地を訪ねても、頑なに否定する態度を見ると、この事務所費は誰が出しているのかと、ちょうど時期が時期だけに思ってしまう。
2008年1月11日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« フジサンケイグループ3代目議長だった鹿内宏明Jに“乗っ取り”を仕掛けられた上場企業 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(119)「インデックス・ホールディングスのその後」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/17654651

この記事へのトラックバック一覧です: 重大疑惑浮上の御手洗冨士夫・日本経団連会長(キヤノン会長)の“隠れ”個人事務所を発見:

« フジサンケイグループ3代目議長だった鹿内宏明Jに“乗っ取り”を仕掛けられた上場企業 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(119)「インデックス・ホールディングスのその後」 »