« 2007年9月16日 - 2007年9月22日 | トップページ | 2007年9月30日 - 2007年10月6日 »

2007.09.29

本紙指摘通り、うなぎ産地偽装業者を宮崎県が公表

 報告が少し遅れたが、宮崎県は9月25日、台湾産を「国産」と偽装していたとして、うなぎの養殖と卸を行っている「原田穂積商店」(宮崎市)、それに卸の「石橋淡水」(同)の社名を公表した。本紙が実名を挙げていた「原田養鰻場」と「原田穂積商店」は一体の会社。県はこの2社に対し、JAS法に基づき近く行政処分を行う。
 2007年9月29日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(92)「注目の大物仕手・西田晴夫銘柄」

 つい最近、大物仕手・西田晴夫氏を当局が狙っているということで、ジャスダック上場のシステム開発会社「オーエー・システム・プラザ」と、同じくジャスダックの建設会社「南野建設」(現A・Cホールディングス)の株が注目を集めているのは本紙でも既報の通り。その他、兜町では最近、どんな銘柄が挙がっているのか。
2007年9月29日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.09.28

<*連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第26回「美空ひばりが只一人絶賛した女性歌手・ちあきなおみ、流転の人生(Ⅳ)」

瀬川美恵子=ちあきなおみが、コロムビアレコードから、いよいよデビューすることに。すると今度は、「プロダクションを紹介してください」と瀬川の母が懇願・・・。オリコン初代編集長の渡邊正次郎だけが知りうる、ちあきなおみの誕生と、謎の引退に至る秘話。核心に迫る連載第4回。
2007年9月28日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

グッドウィル・折口雅博会長の元に届いた銃弾(続報)

 本紙が昨日報じた、大手人材派遣会社「グッドウィル・グループ」の折口雅博会長の元に銃弾が送りつけられるなどしていたとする記事は、それはそれで“時の人”への明らかな犯罪行為故、やはり大きな反響を呼んだようだ。結論を先に一言だけいっておくと、もちろん、銃弾が送られていたことは事実だから、当局側も認めざるを得なかった。そして……。
 9月28日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

『プリンセス・マサコ』の広告掲載を拒否した六大新聞

 9月21日、日本外国特派員協会で、『プリンセス・マサコ』(第三書館)の出版広告掲載を、六大新聞が拒否したことに抗議する記者会見が開かれた。会見には著者のオーストラリア人、版元代表などが列席した。同書は当初、講談社から発売されることになっていたが発売直前に中止。改めて第三書館から発売されることになったのだが、六大新聞が広告掲載を拒否した理由とは……。
9月27日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.27

グッドウィル・折口雅博会長の元に届いた銃弾

 介護大手だったコムスンの身売り先亞ようやく決まる一方、警視庁の捜査が水面下で進んでおり、後は裁かれるのを待つだけの日々ともいわれる人材派遣大手「グッドウィル・グループ」のご存じ、折口雅博会長。だが、外野がそのまま放ってはなかったようだ。さる当局関係者が明かす。「折口さんの元にピストルの弾が入った封書が届いた」……。
 9月27日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪地検特捜部が狙う大物仕手筋・西田晴夫

 9月26日夕方、ジャスダック上場のシステム開発会社「オーエー・システム・プラザ」の証券取引法違反(株価操縦)容疑で、大阪地検特捜部は2名を逮捕した。実はこの捜査、関西の大物仕手筋と言われる西田晴夫氏を逮捕するための布石と言われる。というのは……。
9月27日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.09.26

<お知らせ>講演「STOP!温暖化へのシナリオ。核燃料再処理施設は安全か!?」(田中優・未来バンク事業組合理事長)

 六ヶ所村核燃料再処理施設がこの11月からいよいよ本格稼働するという(その後、来年2月に延期)。政府関係者は、地球温暖化阻止が叫ばれる中、温暖化の元凶であるCO2を出さない原発は温暖化阻止の目玉のようにいう。だが、原発・核燃料再処理施設が出す放射能汚染汚染の被害は、温暖化以上に深刻だという。田中優氏は地球温暖化による滅亡のシナリオを回避する道を求め、東京都江戸川区の市民グループ「足元から地球温暖化を考える市民ネット・えどがわ」で活動を続けて来た。まったくの素人でも、一目で理解できる「地球温暖化/人類滅亡のシナリオ」緊急提言スライド・ショー講演。
 9月26日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(91) いよいよ大手サラ金にも赤信号か

“冬の時代”どころか、“氷河期を迎えたマンモス”のような状況になってしまっているサラ金業界ーー9月14日、中堅で東証1部に上場していた「クレディア」が民事再生法の適用を申請し、業界に衝撃が走ったのはご存じの通り。ところが、それから半月も経たず、すでに兜町ではもっと大手の近い民事再生法申請説まで囁かれている。それは……。
 9月26日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

立川署警官による一般人射殺事件で大手マスコミが書かない警察の闇

 去る8月20日に発生した、警視庁立川署の友野秀和巡査長が、貸与された拳銃で一般人の佐藤陽子さんを射殺した事件はご存じの通り。市民を守るべき警官が、執拗なストーカー行為の果てに射殺に及んだわけで、情状酌量の余地など微塵もないことはいうまでもない。しかもこの事件、凶行に到る予兆があったとも言われ、立川署が迅速に対応していれば防げた感じもするのだが、その手の報道は皆無といっていい。そんななか、本紙は重大な事実を掴んだ。それは……。
 9月26日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007.09.25

<記事紹介>「利権フィクサー秋山直紀氏との関係」(『週刊金曜日』07年9月21日号)

 この記事が、永田町や防衛庁関係者の間でちょっとした話題になっている。東京地検特捜部は現在、防衛関連企業「山田洋行」の疑惑で捜査しているとも言われるが、同記事はその関連でも名前が出ている秋山直紀氏と三菱重工との密接な関係を指摘しているからだ。時期が時期だけに、関連でさまざまな憶測も流れている。
9月25日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(90) 再度の株価急騰観測が出ている優良銘柄

 本紙で何度も取り上げている通信機メーカーだが、数日前からまた出来高が急増、再度、高騰しそうな気配を見せている。
9月25日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.24

あの高野孟氏のスポンサーになっていた先物大手企業等

 高野孟氏といえば、情報誌「インサイダー」編集長で、「サンデープロジェクト」などのテレビ討論番組でもお馴染みの著名なジャーナリストだが、最近、一部で批判の声が起きている。「インサイダー」は現在、ネット上のブログで無料で閲覧もできる。協賛する中小企業から月々ロイヤリティーをもらっているからだ。その企業の中に最近、業務改善命令を出された先物大手など問題企業が……。
9月24日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ
ろで……。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007.09.23

小池百合子代議士に公用車私物化疑惑浮上

本日、自民党総裁選が行われ、福田康夫元官房長官が選ばれのは既報の通り。25日にも新内閣が発足する見込み。前防衛次官とバトルを繰り広げたものの、有権者の人気が相変わらず高い小池百合子元防衛大臣が入閣するかどうかも組閣では気になるところだが、ここに来て彼女に関する疑惑が浮上している。それは……。
9月23日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ
ろで……。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「未だに厚労省前局長の捜査を続ける警視庁の事情」

 厚生労働省の松嶋賢・前九州厚生局長の疑惑は、厚労省で調査した結果、犯罪に該当する事実はなかった。ただし、国家公務員倫理法に照らして現職時なら停職などの処分もあり得たとして9月13日、自主的な返納を要請。松嶋前局長はこれに応じるとした。これにより、事は収まったと思ったら、そうではなかった。何と未だに警視庁は松嶋前局長の逮捕に拘っているというのだ。そして、その背後にはキャリア官僚の圧力があるという。どういうことかというと……。
 9月23日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ
ろで……。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年9月16日 - 2007年9月22日 | トップページ | 2007年9月30日 - 2007年10月6日 »