« <記事紹介>「政治家の『口利き』は常態化」(太田述正元仙台防衛施設局長。「社会新報」12月5日号) | トップページ | 中国・瀋陽で巨大マルチ組織破たんで、会員が暴動寸前の様相 »

2007.12.07

<手記>サーベラス地上げ事件を米本国に伝えようとした女性に起きた怪事件(上)

 今年6月末、私は仕事で日本に来た。地上げを含む、サーベラスの日本での数々の悪行をアメリカのマスコミでも明らかにするためだった。私は10代のころからモデル業を行うなど、日本で多くの時間を過ごし、日本を愛している。また、個人的に親しい友人が直接的にサーベラスの被害にあっていることも聞き、私は憤慨した。そんな折、Oさんから直接、彼女の心の痛みを聴き、胸が痛んだ。最初、A社に接触した時、彼らはひじょうに興味を持ち、A社とのやり取りは順調だった。サーベラスの(南青山の)地上げ事件については、日本のA社のレポーターに引き継がれ、インタビューも行われた。そのレポーターであるK氏は私にコンタクトを取り、さらなる事件の根拠資料を求めたので送付したところ、突然、連絡が途絶えるなど彼女は不審な行動を取るようになった。
 2007年12月7日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <記事紹介>「政治家の『口利き』は常態化」(太田述正元仙台防衛施設局長。「社会新報」12月5日号) | トップページ | 中国・瀋陽で巨大マルチ組織破たんで、会員が暴動寸前の様相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/17301544

この記事へのトラックバック一覧です: <手記>サーベラス地上げ事件を米本国に伝えようとした女性に起きた怪事件(上):

« <記事紹介>「政治家の『口利き』は常態化」(太田述正元仙台防衛施設局長。「社会新報」12月5日号) | トップページ | 中国・瀋陽で巨大マルチ組織破たんで、会員が暴動寸前の様相 »