« 神奈川県警警視も関わる霊感商法事件ーー外されていた「神世界」のプレート | トップページ | 梁山泊事件・豊臣春国被告から本紙に届いた「申入書」 »

2007.12.22

“騒音国税局男(元マルサ)”、ついに事件化の様相

 本紙は今年10月13日、「“騒音おばさん”だけじゃない。“騒音国税局男”(元マルサ)出現で、東京都国分寺市でも条例制定へ」なるタイトル記事を報じている。東京都国分寺の高級マンション群に住むこの東京国税局幹部O氏(50代)、自分の騒音は省みず、同じマンション住民の生活音がうるさいとして怒鳴り込んだり、「怪文書」を13回も撒いていた。そして、意見すると「俺は国税局に務めているんだぞ!」と嫌がらせの税務調査を匂わるような発言をしていたというから悪質極まりない。以前、新聞ネタになったこともあるが、近所の住民の運動が実って、こうした“迷惑な人”を取り締まる条例が制定されるだけでなく、ついに警察も重い腰を上げたようだ。
2007年12月22日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 神奈川県警警視も関わる霊感商法事件ーー外されていた「神世界」のプレート | トップページ | 梁山泊事件・豊臣春国被告から本紙に届いた「申入書」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/17444070

この記事へのトラックバック一覧です: “騒音国税局男(元マルサ)”、ついに事件化の様相:

« 神奈川県警警視も関わる霊感商法事件ーー外されていた「神世界」のプレート | トップページ | 梁山泊事件・豊臣春国被告から本紙に届いた「申入書」 »