« <山岡ジャーナル>第13回「『神世界』と全国の警察幹部のただならぬ関係」 | トップページ | 三田佳子覚せい剤所持逮捕息子の背後に闇人脈 »

2007.12.27

<記事紹介>「マンション分譲『フージャース』の周辺住民提訴の強引」(『ZAITEN』2008年2月号)

千葉県地盤のマンション分譲業者、東証1部「フージャースコーポレーション」(東京都千代田区)と、地域住民との、船橋市に建設中の分譲マンションを巡る訴訟につき、この25日発売の月刊経済誌『ZAITEN』に総まとめ記事を掲載した。以下に同記事を掲載しておくのでご覧いただきたいが、そこには誌面の関係で掲載できなかった、反対住民の立て看やのぼりなどを撤去させるために訴訟提起を匂わせた「文書」を郵送、それでも応じないと一転、金銭を払って懐柔に出た証拠文書も掲載しておく。
2007年12月27日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <山岡ジャーナル>第13回「『神世界』と全国の警察幹部のただならぬ関係」 | トップページ | 三田佳子覚せい剤所持逮捕息子の背後に闇人脈 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/17494167

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「マンション分譲『フージャース』の周辺住民提訴の強引」(『ZAITEN』2008年2月号):

» ブランズシティ守谷は陸の孤島 [嫌悪東急不動産東急リバブル]
東急不動産・東急電鉄らのブランズシティ守谷(ハッピー守谷)は陸の孤島という印象を受ける。長い歩道橋の先のエレベーターまでが遠い。おまけに凍結注意の看板まである。冬の早足は危険そうである。駅やショッピングモールからは遠く、車を使わなければまともな買い物ができない。住民反対運動を無視して建設されたマンションであり、近隣住人とのコミュニケーションに見えないハードルが生じるだろう。 近隣の開発は住環境整備ではなく横を通る都市軸道路を中心とした産業開発にシフトする可能性がある。交通量が徐々に増えト...... [続きを読む]

受信: 2007.12.28 22:44

» 東急不動産ブランズシティ守谷の侵略性 [買ってはいけない東急リバブル・東急不動産]
東急不動産・東急電鉄らのブランズシティ守谷(ハッピー守谷)建設は守谷市の景観・住環境に対する侵略行為である。東急側も自らを侵略者を気取っている。インターネット掲示板では東急の近隣対策業者でないかと指摘された人物から、ブランズシティ守谷の建築紛争について「..... [続きを読む]

受信: 2007.12.29 12:37

» ブランズシティ守谷、近隣対策屋に懸念 [東急不動産東急リバブル不買と耐震強度偽装]
ブランズシティ守谷の購入検討者から近隣対策屋の存在に懸念の声が出された。ブランズシティ守谷の売主である東急不動産・東急電鉄らは近隣対策屋を雇っているためである。近隣住民への説明会は売主ではなく、近隣対策屋の新都市企画株式会社が主導している。近隣対策屋に...... [続きを読む]

受信: 2007.12.29 13:44

» マンション建設反対運動は開発許可で争うべきだ [東急不動産東急リバブル不買協会]
林田力「マンション建設反対運動は開発許可で争うべきだ」オーマイニュース2007年12月20日 東急不動産らを建築主とする高層マンション「ブランズシティ守谷」の建築紛争を報告した。 ... [続きを読む]

受信: 2007.12.29 14:09

» 変電所建設での東急電鉄の隠蔽体質 [東急不動産消費者契約法違反訴訟]
田園都市線すずかけ台駅の高圧変電所建設には東急電鉄の隠蔽体質が見られる。変電所の計画は2006年2月から3月の間に東急社内の意思決定がなされ、翌07年2月に町田市に建築確認申請を行い、同年5月2日に確認が降りた。しかし、この間、目の前でせっせとマンション「コスモフォーラムすずかけ台駅前」を建てていたコスモスイニシアにも全く計画の存在を明らかにしていなかった。コスモフォーラムすずかけ台駅前は2006年6月に売り出され、07年7月に入居が始まった 管理組合によると9月、駅構内に工事用の鉄板が立てられ、1... [続きを読む]

受信: 2007.12.29 14:30

» 東急電鉄の変電所建設に住民反発 [東急不動産消費者契約法違反訴訟]
東京急行電鉄(東急電鉄)が田園都市線すずかけ台駅(東京都町田市南つくし野3丁目)ホーム脇に計画している高圧変電所に対し、近隣マンション住民が白紙撤回を求めている。問題の変電所は近隣の東京工業大学地下まで伸びている6万6000ボルトの高圧電線を引き込み、電車用の1500ボルトに落とす施設である。周辺の不動産価値が下がる嫌悪施設で、不動産売買の際の重要事項説明の必要事項でもある。しかも駅周辺は住環境を維持するため地元自治会が建築協約を定めている場所である。 計画に反対しているのは、13階建てマンション「... [続きを読む]

受信: 2008.01.03 15:50

» 林田力「ブランズシティ守谷の建築確認に審査請求」 [東急電鉄東急リバブル東急不動産反発]
JANJAN 2007年12月18日http://www.news.janjan.jp/area/0712/0712167389/1.php茨城県守谷市ひがし野の住民3名が2007年12月10日、同県建築審査会に対し、建築確認の取り消しを求めて審査請求を行った。建築確認の審査請求では建築基準法に関するものが多いが、本件で...... [続きを読む]

受信: 2008.01.03 16:02

» マンション販売不況 [東急不動産東急リバブル不買と耐震強度偽装]
マンション販売はブームが終焉し、不況のとば口に立っている(「ニュース最前線①」週刊東洋経済2007年12月18日)。販売価格高騰で購買層の購入意欲が冷えこんだところに、改正建築基準法の施行が追い打ちをかけた。マンション市況の減速感が際立つようになったのは2007年...... [続きを読む]

受信: 2008.01.03 16:08

» 東急の環境破壊と戦った女性 [東急不動産消費者契約法違反訴訟]
東急の環境破壊と戦った女性がいる。前田光子は東急の乱開発から阿寒湖周辺の山林を子孫に残すために戦った。「乗っ取り魔」と言われた東急の五島慶太(強盗慶太)は阿寒にリゾート地を開発しようとした。しかし前田光子は徹底的に戦った。五島慶太が阿寒の買い占めを狙って面会を求めた時は毅然と拒絶した。 この阿寒の森は現在、前田一歩園という財団法人によって守られている。もし東急の計画通りに進められていたならば阿寒の自然林は残っていなかった。明和地所・国立マンション反対運動に取り組む石原一子・景観市民ネット代表は、阿寒... [続きを読む]

受信: 2008.01.06 12:42

« <山岡ジャーナル>第13回「『神世界』と全国の警察幹部のただならぬ関係」 | トップページ | 三田佳子覚せい剤所持逮捕息子の背後に闇人脈 »