« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(114)旧ミノルタ株巡る疑惑噴出 | トップページ | 神奈川県警警視関与の霊感商法、あの緒方重威元公安調査庁長官とも接点 »

2007.12.19

「検察を支配する『悪魔』」(講談社)という本を書評する(天木直人のブログ。本日配信分)

 特にヤメ検の田中森一氏の本(写真)があれほど売れると共に、評価されていることに、本紙は以前から違和感を持っていた。所詮は高額報酬に目が眩んだ暴力団の用心棒ではないかと。すると、まったく同感の記事を、元外務官僚の天木直人氏のブログに見つけたので、以下、紹介しておく。ーーいつかは書いておきたいと思っていた事がある。それは出版界における昨今の検察批判の風潮についてである。そして検察批判の象徴として「国策捜査」という言葉がもてはやされている。私はそこに出版業界の売れれば何でも良いという浅薄な商業主義を感じ取る。「国策捜査」とは何か。それは、国家組織を守り、時の権力に逆らう者を取り締まる、「政治的予見をともなった捜査」……。
2007年12月19日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(114)旧ミノルタ株巡る疑惑噴出 | トップページ | 神奈川県警警視関与の霊感商法、あの緒方重威元公安調査庁長官とも接点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/17419276

この記事へのトラックバック一覧です: 「検察を支配する『悪魔』」(講談社)という本を書評する(天木直人のブログ。本日配信分):

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(114)旧ミノルタ株巡る疑惑噴出 | トップページ | 神奈川県警警視関与の霊感商法、あの緒方重威元公安調査庁長官とも接点 »