« <*連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第31回「勝新太郎と若山富三郎――この兄弟の仲は「最悪」(Ⅱ)」 | トップページ | <山岡ジャーナル>第6回「『日本郵政』西川社長に黒い疑惑――山田洋行株主に融資で便宜」 »

2007.11.06

NOVA前社長の不可解な資金調達などに関与?  謎の最高顧問

 英会話学校最大手で、ジャスダック上場の「NOVA」が破綻したのはご存知の通り。この経営破たんの発覚と同時に、猿渡望前社長の特別背任疑惑が出ている。NOVAの最大株主(71・59%)だったが、破たん表面化直前の9月末、一挙に19・71%まで持ち株比率を低下させているのだから無理もない。さらに資金調達を巡って、別件で逮捕された西田晴夫被告関係者との接触もあったようだ。こうしたきな臭い動きもあるなか、本紙はある名刺を入手した。NOVAグループの「最高顧問」の肩書きが入っており……。
 2007年11月6日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <*連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第31回「勝新太郎と若山富三郎――この兄弟の仲は「最悪」(Ⅱ)」 | トップページ | <山岡ジャーナル>第6回「『日本郵政』西川社長に黒い疑惑――山田洋行株主に融資で便宜」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/16995277

この記事へのトラックバック一覧です: NOVA前社長の不可解な資金調達などに関与?  謎の最高顧問:

» NOVAの経営破綻と労働組合 [アッテンボローの雑記帳]
 先月28日付の「今日、考えたこと」さんの所でブログ版「労働情報」の記事を読んだ [続きを読む]

受信: 2007.11.09 01:13

« <*連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第31回「勝新太郎と若山富三郎――この兄弟の仲は「最悪」(Ⅱ)」 | トップページ | <山岡ジャーナル>第6回「『日本郵政』西川社長に黒い疑惑――山田洋行株主に融資で便宜」 »