« <書籍紹介>『トヨタの闇--利益2兆円の「犠牲」になる人々』(渡邊正裕・林克明、ビジネス社) | トップページ | 入手ーー本日の証人喚問でも焦点になったCーXエンジン選定疑惑の証拠とされる守屋前次官発言3回の「装備審査会議メモ」全文(上) »

2007.11.15

中田宏横浜市長下半身スキャンダルーーいよいよ“ポスト鹿砦社事件”の様相

 鹿砦社事件とは、同出版社社長の松岡利康氏が名誉毀損容疑で192日間も拘留され、懲役1年2月、執行猶予4年に処せられた件を指す。戦後、一般のマスコミ関係者に対するものにしては、異様に重い処分だった。当局は以前からマスコミ、ただし大手新聞社やテレビ局はすでに記者クラブ制度や免許制でもって管理可能なので、そこから漏れた出版社系週刊誌など、未だ権力犯罪を独自に追及する媒体への締め付けをしたい。鹿砦社事件は、そこに向けての布石の意味もあったと思われる。こうしたなか、いきなり『週刊現代』という、大手ではもっとも権力批判度が高い媒体が、中田宏横浜市によって東京地検に名誉毀損容疑で告訴されるという、願ってもない案件が浮上した。関係者によれば、11月12日、東京地検は正式に告訴を受理。その際、すでに告訴した講談社の代表、編集長、署名のライターだけでなく……。
 2007年11月15日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <書籍紹介>『トヨタの闇--利益2兆円の「犠牲」になる人々』(渡邊正裕・林克明、ビジネス社) | トップページ | 入手ーー本日の証人喚問でも焦点になったCーXエンジン選定疑惑の証拠とされる守屋前次官発言3回の「装備審査会議メモ」全文(上) »

コメント

この事実も見逃せないな

投稿: 読者 | 2007.11.23 11:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/17080788

この記事へのトラックバック一覧です: 中田宏横浜市長下半身スキャンダルーーいよいよ“ポスト鹿砦社事件”の様相:

« <書籍紹介>『トヨタの闇--利益2兆円の「犠牲」になる人々』(渡邊正裕・林克明、ビジネス社) | トップページ | 入手ーー本日の証人喚問でも焦点になったCーXエンジン選定疑惑の証拠とされる守屋前次官発言3回の「装備審査会議メモ」全文(上) »