« 舛添要一厚労省も“身体検査”で×と指摘された相手先の先物会社が始めていた不動産会社 | トップページ | <記事紹介>モック、アライヴに見る「空費される資本(新興株市場)」(「日経新聞」。2007年10月5日、6日) »

2007.10.06

介護事業関係者の間で悪評が飛び出すヤメ検大物・堀田力氏

 堀田力氏といえば、東京地方検察庁特捜部検事としてロッキード事件を捜査。起訴後、田中角栄元首相に論告求刑を行った検事として知られる。法務省大臣官房長を最後に退官。現在は弁護士、財団法人さわやか福祉財団理事長として活動。いまや福祉のスペシャリストといった感じだが、最近、堀田に関して疑問視する声が福祉関係者の間から聞こえて来る。その一つは、ご存じ、コムスンの事業譲渡に関して。
 2007年10月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 舛添要一厚労省も“身体検査”で×と指摘された相手先の先物会社が始めていた不動産会社 | トップページ | <記事紹介>モック、アライヴに見る「空費される資本(新興株市場)」(「日経新聞」。2007年10月5日、6日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/16673097

この記事へのトラックバック一覧です: 介護事業関係者の間で悪評が飛び出すヤメ検大物・堀田力氏:

» 生命保険見直しを考えよう! [生命保険見直しを考えよう!]
生命保険見直しを考えよう!生命保険見直しで分かる充実した内容の保険!生命保険見直しで分かる家計の負担、確かな保証! [続きを読む]

受信: 2007.10.06 04:12

« 舛添要一厚労省も“身体検査”で×と指摘された相手先の先物会社が始めていた不動産会社 | トップページ | <記事紹介>モック、アライヴに見る「空費される資本(新興株市場)」(「日経新聞」。2007年10月5日、6日) »