« 守屋武昌前防衛省事務次官バッシング報道の仕掛け人たち | トップページ | <記事紹介>「『山田洋行』の内紛を追う(上)ーー山田一族の不動産乱脈投資が背景」(田中みのる。「社会新報」10月24日号) »

2007.10.21

大物仕手・西田晴夫逮捕で、大阪地検特捜部が狙う次の大物

 西田晴夫容疑者がこの時期に逮捕されたのは、今年9月30日に金融商品取引法が施行されたことと無関係ではないだろう。同法施行には、これ以上、“危ない上場企業”を舞台にした株価操作を放置し、一般投資家に巨額の損を出させることは容認できないという、遅ればせながら当局の意思も反映されており、その代表である西田逮捕へのゴーサインが下ったとも言えそうだ。その西田容疑者、その逮捕直前には、ジャスダック上場の英会話最大手「NOVA」の第3者割当新株予約権引き受けにも裏で関わっていた。さて、本題の大物だが、2人の名前が挙がっている。その1人は……。
2007年10月21日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 守屋武昌前防衛省事務次官バッシング報道の仕掛け人たち | トップページ | <記事紹介>「『山田洋行』の内紛を追う(上)ーー山田一族の不動産乱脈投資が背景」(田中みのる。「社会新報」10月24日号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/16832897

この記事へのトラックバック一覧です: 大物仕手・西田晴夫逮捕で、大阪地検特捜部が狙う次の大物:

« 守屋武昌前防衛省事務次官バッシング報道の仕掛け人たち | トップページ | <記事紹介>「『山田洋行』の内紛を追う(上)ーー山田一族の不動産乱脈投資が背景」(田中みのる。「社会新報」10月24日号) »