« これが呉服販売「健勝苑」の“次々販売”の手口 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(101)消費者金融の次に、さらにバッシングされそうな業界 »

2007.10.29

<記事紹介>「『山田洋行』の内紛を追う(中)ーー西川善文氏と山田一族の深い闇」(田中みのる。「社会新報」10月31日号)

 前回に続いて、この連載を取り上げた。なぜ、いまや「日本郵政」社長として、郵政改革の旗振り役になっている西川善文元三井住友銀行頭取が出て来るのか、以下に詳細報告。関連記事も紹介。この記事も転載。
2007年10月28日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« これが呉服販売「健勝苑」の“次々販売”の手口 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(101)消費者金融の次に、さらにバッシングされそうな業界 »

コメント

高知汚職:医療センターPFI事業者選定で教授ら3人逮捕
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/p20070917k0000m040105000c.html
高知医療センター前院長の瀬戸山元一容疑者の自宅に家宅捜索に入る高知県警の捜査員ら=京都市左京区で16日午後2時、小松雄介撮影
 高知医療センター(高知市池)の民間委託(PFI)事業者選定で、便宜を図った見返りに高級電化製品などを受け取ったとして、高知県警捜査2課は16日、同センターの前院長で同志社大大学院教授、瀬戸山元一容疑者(63)を収賄容疑で逮捕した。PFI事業者のオリックス・リアルエステート(現オリックス不動産、東京都港区)の元社員2人も贈賄容疑で逮捕。京都市左京区の瀬戸山容疑者の自宅や同センターなどを捜索した。瀬戸山容疑者は「(電化製品などは)すべて自分で購入した」と容疑を否認。元社員2人は認めているという。

 逮捕された元社員は広島市安佐南区川内、無職、松田卓穂(68)▽神戸市東灘区本山北町5、同、矢倉詔喬(のりたか)(64)の2容疑者。

 調べでは、瀬戸山容疑者は04年12月と05年1月、オリックス・リアルエステートなどで構成する「高知医療ピーエフアイ」が選定された謝礼として、松田容疑者らからプラズマテレビ、ソファなど計21点、計250万円相当を受け取った疑い。

 瀬戸山容疑者は高知県・高知市病院組合理事に院長予定者として迎えられた00年4月以降、高知県立中央病院と高知市民病院が統合して造られる同センターへPFI導入を推進した。高知県・高知市病院組合は、同県と同市でつくる一部事務組合。同センターでは医療業務は同組合が直接担当し、院長はじめ医師らの身分は公務員となる。【近藤諭、米山淳】

毎日新聞 2007年9月16日 21時30分 (最終更新時間 9月16日 23時46分)

投稿: 小泉 | 2007.10.29 20:13

守屋氏、富士通幹部からもゴルフ接待
http://www.asahi.com/special/071029/TKY200710290277.html
2007年10月29日19時33分

 守屋前防衛事務次官が、01年7月から04年9月までの間、富士通(東京都港区)と同社の防衛関連子会社「富士通特機システム」(川崎市)からもゴルフ接待を7回にわたり受けていたことが29日、わかった。両社は防衛省と取引関係にあり、自衛隊員倫理規程に触れる可能性もある。

 富士通によると、接待をしていたのは、富士通特機システム本部長や富士通特機システム社長を経て、現在、富士通特機システム常任顧問を務める男性(64)。接待は毎回顧問の部下が同伴し、東京近郊のゴルフ場で行っていた。1回に一人あたり約2万5000円のプレー代金は会社側が全額負担していたという。

 社内調査に対し、顧問の男性は「仕事を頼んだのではなく、防衛に関する意見交換をしただけ」と話しているという。

 守屋氏と顧問は88年ごろに防衛機器の営業を通じて知り合い、それ以降年数回、一緒にゴルフに行く仲だったという。

 富士通広報IR室は「疑いを持たれるような行動をしていたのは誠に遺憾」と話している。富士通特機システムは防衛機器のメンテナンスが主事業。

投稿: PFI | 2007.10.29 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/16905185

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「『山田洋行』の内紛を追う(中)ーー西川善文氏と山田一族の深い闇」(田中みのる。「社会新報」10月31日号):

» <記事紹介>「『山田洋行』の内紛を追う(中)ーー西川善文氏と山田一族の深い闇」(田中みのる。「社会新報」10月31日号) [『海舌』 the Sea Tongue by Kaisetsu]
情報紙「ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ) 2007.10.29 <記事紹介>「『山田洋行』の内紛を追う(中)ーー西川善文氏と山田一族の深い闇」(田中みのる。「社会新報」10月31日号)  前回に続いて、この連載を取り上げた。なぜ、いまや「日本郵政」社長として、郵政改革の旗振り役になっている西川善文元三井住友銀行頭取が出て来るのか、以下に詳細報告。関連記事も紹介。この記事も転載。 ... [続きを読む]

受信: 2007.10.29 15:30

« これが呉服販売「健勝苑」の“次々販売”の手口 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(101)消費者金融の次に、さらにバッシングされそうな業界 »