« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(93)タワー投資顧問に異変か? | トップページ | <山岡ジャーナル>第1回「グッドウィル折口氏、銃弾2発入り脅迫事件」 »

2007.10.03

「重慶大爆撃」裁判――被害者の声を聞く

 今年3月9日、東京大空襲の遺族たちが、国に謝罪と賠償を求めて提訴(東京大空襲裁判)したのを覚えている方はいるだろうか。実はこの裁判の1年前の2006年3月30日、旧日本軍による重慶大爆撃の被害者や遺族もまた、日本国を相手取って謝罪と賠償を求める裁判(以下、重慶大爆撃訴訟)を起こしていた。
 去る9月10日、東京地裁で開かれた重慶大爆撃訴訟・第4回口頭弁論(土屋公献弁護士など4人が弁論)がおこなわれ、その後には弁護士会館で報告会が開かれたので、取材した。
 2007年10月3日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(93)タワー投資顧問に異変か? | トップページ | <山岡ジャーナル>第1回「グッドウィル折口氏、銃弾2発入り脅迫事件」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/16648726

この記事へのトラックバック一覧です: 「重慶大爆撃」裁判――被害者の声を聞く:

» 頑張るね。 [I want love you …]
先生が9月30日に、学校を去っていった。 最後にね、結構話したかったけど話せなかった。 だからお別れ会の時も、あんまり話できなかった。 後悔したよ。何で一番最後の最後なのに話せないんだろう。話さなかったんだろう。 って。 この学校には、もう先生の跡は無い。 何処を探しても。 でもね、やっぱ好き。 でも、なんと先生と今週の金曜日【もしくは土曜日】会える↑ 文化祭�... [続きを読む]

受信: 2007.10.04 04:54

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(93)タワー投資顧問に異変か? | トップページ | <山岡ジャーナル>第1回「グッドウィル折口氏、銃弾2発入り脅迫事件」 »