« 本紙指摘通り、うなぎ産地偽装業者を宮崎県が公表 | トップページ | <記事紹介>「評判のよい医師ほど睨まれる厚労省『医療費削減策』の矛盾」(『ベルダ』。本紙・山岡。07年10月号) »

2007.10.01

教科書検定問題で訂正勧告を要求した山崎拓代議士の裏側

 9月29日、沖縄戦で起きた住民集団自決について、教科書から日本軍の“強制”が削除・修正されたことに抗議する沖縄県民大会が開催された。本土では小さな扱いだったが、地元ではトップの扱いだった。“強制”は事実だろうから、当事者が怒るのは当然のこと。だが、その新聞一面に山崎拓代議士が顔写真付きで“正義の味方”のように出ていたことには違和感を持った関係者も多いのではないだろうか。なぜなら……。
2007年9月30日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 本紙指摘通り、うなぎ産地偽装業者を宮崎県が公表 | トップページ | <記事紹介>「評判のよい医師ほど睨まれる厚労省『医療費削減策』の矛盾」(『ベルダ』。本紙・山岡。07年10月号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/16626033

この記事へのトラックバック一覧です: 教科書検定問題で訂正勧告を要求した山崎拓代議士の裏側:

« 本紙指摘通り、うなぎ産地偽装業者を宮崎県が公表 | トップページ | <記事紹介>「評判のよい医師ほど睨まれる厚労省『医療費削減策』の矛盾」(『ベルダ』。本紙・山岡。07年10月号) »