« 自民党の謀略? “年金問題追及第一人者”=民主・長妻昭代議士をおとしめる「怪文書」、永田町に出回る | トップページ | 「最後の大物仕手」西田晴夫、逮捕される »

2007.10.13

“騒音おばさん”だけじゃない。“騒音国税局男”(元マルサ)出現で、東京都国分寺市でも条例制定へ

 9月28日、国分寺市議会で、「隣人トラブル防止及び解決のための条例」の陳情が満場一致で採択された。陳情をしたのは、「隣人トラブル防止、解決のための条例推進委員会」代表・岡田順二氏(仮名)等。岡田氏は東京・国分寺市内の閑静な住宅街に立地するマンションに住んでいる。ところがそのマンションには「騒音おばさん」を彷彿とさせるような「迷惑男」が住んでおり、マンションの住民はこれまで10年近くも苦しめられて来たという。その内容も凄まじいが、同時に驚かされるのは、その騒音の主は東京国税局の現役中堅幹部。それも元査察部(マルサ)所属という事実。「世も末ですよ。“公僕”が聞いて呆れる」(岡田氏)。時系列で振り返ってみよう。
 2007年10月13日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 自民党の謀略? “年金問題追及第一人者”=民主・長妻昭代議士をおとしめる「怪文書」、永田町に出回る | トップページ | 「最後の大物仕手」西田晴夫、逮捕される »

コメント

この問題の男は神田税務署の調査官 小俣悟美である。

03-3294-4811 神田税務署

自宅は国分寺市本多。この事件は国分寺では超有名。特に大学生では話題no1! 

投稿: 清水伍朗 | 2007.10.24 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/16745069

この記事へのトラックバック一覧です: “騒音おばさん”だけじゃない。“騒音国税局男”(元マルサ)出現で、東京都国分寺市でも条例制定へ:

« 自民党の謀略? “年金問題追及第一人者”=民主・長妻昭代議士をおとしめる「怪文書」、永田町に出回る | トップページ | 「最後の大物仕手」西田晴夫、逮捕される »