« 久間前防衛相の疑惑のとばっちり? 指摘の防衛省幹部、左遷の模様 | トップページ | 矢野経済研究所の上場に生き残りをかける「オープンインタフェース」だがーー当局も注目 »

2007.07.22

うなぎ産地偽装の「里帰り」という手口

 中国産うなぎが問題になっているが、では、国産ものは安全かといえば、様々な手口で国産と偽装されているものもあり、決して安全とは言い切れない。2002年10月に発覚した、東証1部の大手商社「伊藤忠商事」の子会社「伊藤忠フレッシュ」が台湾産を国産と偽って販売していた件はまだ記憶に新しい。手口は極めて荒っぽく、かつ単純。台湾から輸入したうなぎの蒲焼きを……。
2007年7月22日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 久間前防衛相の疑惑のとばっちり? 指摘の防衛省幹部、左遷の模様 | トップページ | 矢野経済研究所の上場に生き残りをかける「オープンインタフェース」だがーー当局も注目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/15844320

この記事へのトラックバック一覧です: うなぎ産地偽装の「里帰り」という手口:

« 久間前防衛相の疑惑のとばっちり? 指摘の防衛省幹部、左遷の模様 | トップページ | 矢野経済研究所の上場に生き残りをかける「オープンインタフェース」だがーー当局も注目 »