« <記事紹介>「財布の紐固く読者の活字離れに拍車。追い詰められる(新聞)販売店」(『財界にっぽん』。猪野健治。07年8月号) | トップページ | <*新連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第21回 「命を救われた大物作曲家・遠藤実と徳間康快(故)徳間ジャパン社長」(下) »

2007.07.21

中国産うなぎは危険報道=仕掛け説が語られる理由

 最近の中国産うなぎは危険との報道は、政治的側面が強いのではないかとの説が養鰻業界周辺でかなり根強く囁かれている。検証してみた。今回以前、2002年4月には中国産うなぎから水銀検出の報道があり、やはり中国産うなぎが敬遠されたことがあった。この時の発端は『週刊現代』の報道だった。このネタ元は、「日鰻連」という国産うなぎ養殖業者の団体だった。もっとも、同団体の九州の養鰻業者が調査を提案したものの、本部は消極的だった。そこで鹿児島の組合が資金提供して調査したら水銀が出、その理事会報告書コピーが『週刊現代』に持ち込まれた……。
2007年7月21日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <記事紹介>「財布の紐固く読者の活字離れに拍車。追い詰められる(新聞)販売店」(『財界にっぽん』。猪野健治。07年8月号) | トップページ | <*新連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第21回 「命を救われた大物作曲家・遠藤実と徳間康快(故)徳間ジャパン社長」(下) »

コメント

山岡さん、こんにちわ。
最近の中国、ますますおかしいですよね。

私は、神道こそ日本の伝統文化だと思い、日々勉強しています。

先日、面白いサイトを発見しました。

【女子学生・OLによる政治・宗教ブログのリンク集】
http://sky.geocities.jp/syukyo_woman/index.html

です。

ここに掲載されているブログは、本当に勉強になります。
女性の中でも、私と同じように宗教や政治に関心が強い人がいるのだと嬉しくなりました。

普通の女子大に入った私…。

國學院大学で神道を学びたかったと後悔している毎日です。

応援しています! 山岡さん!

投稿: 神道大好きな主婦 | 2007.07.21 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/15829595

この記事へのトラックバック一覧です: 中国産うなぎは危険報道=仕掛け説が語られる理由:

» 家庭でプロ級!うなぎ極ウマ調理術 [ためしてガッテン情報局]
ひつまぶし~~。ためしてガッテンで次はうなぎ特集 [続きを読む]

受信: 2007.07.21 17:59

» 中国産うなぎ [中国産うなぎ]
中国産うなぎは本当に危険か?に迫ります! [続きを読む]

受信: 2007.07.23 11:07

« <記事紹介>「財布の紐固く読者の活字離れに拍車。追い詰められる(新聞)販売店」(『財界にっぽん』。猪野健治。07年8月号) | トップページ | <*新連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第21回 「命を救われた大物作曲家・遠藤実と徳間康快(故)徳間ジャパン社長」(下) »