« 地下に潜った近未来通信・石井優元社長 | トップページ | コムスン指定打ち切りに加え、グッドウィル・グループ本体でも大ダメージになり得る「データ装備費」天引き疑惑 »

2007.06.07

やはり循環取引を行っていた本紙既報の「黒幕」

 本紙は5月7日、話題の“循環取引”の「黒幕」なる企業が存在するとの情報があることを報じている。その際は社名を伏せたが、その後、6月4日、このN社が倒産したことを報じた際には社名を出した。その通信機器販売主力だった「NAJ」が破産手続きのなかで、富士通の販売子会社「富士通関西システムズ(FKS)」(大阪市)との間で循環取引を行っていたこと、さらにNAJは未上場ながら、200億円を超える年間売上高があったが、その大半が架空取引だった可能性が高いと、本日午後から大手各紙が報じている……。
 6月7日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ 

|

« 地下に潜った近未来通信・石井優元社長 | トップページ | コムスン指定打ち切りに加え、グッドウィル・グループ本体でも大ダメージになり得る「データ装備費」天引き疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/15346530

この記事へのトラックバック一覧です: やはり循環取引を行っていた本紙既報の「黒幕」:

« 地下に潜った近未来通信・石井優元社長 | トップページ | コムスン指定打ち切りに加え、グッドウィル・グループ本体でも大ダメージになり得る「データ装備費」天引き疑惑 »