« 政・財・闇社会も戦々恐々ーーいよいよXデー近しと見られる不動産会社会長(続報) | トップページ | 松岡農水相自殺で問われる安倍首相の責任(続報) »

2007.06.01

3つのギミックコインによるマジック裁判ーー警察・大手マスコミ一体のマジシャンいじめか?

 良く知られている手品のひとつで、500円玉などの硬貨をタバコがすり抜けていくというものがある。もちろん手品だから、現実には硬貨には穴が空いている。しかしそんなタネがわかってしまっては、まったくおもしろくない。ところが、この間の警察によるマジシャンへの一連の捜査、それと一体となったテレビ局等大手マスコミの「犯罪報道」により、このタネが世間に一挙にバレてしまった。このマジックに関わる裁判が、調べたところ昨年末から3件開かれていた。そして、これらを一覧すると、はるかに凶悪な犯罪は山のようにあるわけで、警察・マスコミによるお手軽な弱い者いじめの構造が見えて来るような気もする……。
5月31日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ 

|

« 政・財・闇社会も戦々恐々ーーいよいよXデー近しと見られる不動産会社会長(続報) | トップページ | 松岡農水相自殺で問われる安倍首相の責任(続報) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/15274189

この記事へのトラックバック一覧です: 3つのギミックコインによるマジック裁判ーー警察・大手マスコミ一体のマジシャンいじめか?:

» セロ マジック [セロ マジック]
セロのマジックについてのブログです。セロのマジックの情報が満載です。 [続きを読む]

受信: 2007.06.02 23:28

« 政・財・闇社会も戦々恐々ーーいよいよXデー近しと見られる不動産会社会長(続報) | トップページ | 松岡農水相自殺で問われる安倍首相の責任(続報) »