« 「朝日新聞」記者を名誉毀損で告訴、受理直後、逮捕された元東洋大学教授 | トップページ | 「週刊新潮」が今週号で、コムスンの告発記事を載せれなかった理由 »

2007.06.15

朝鮮総連本部売却問題の元公安調査庁長官の背後に見え隠れするあるブラック人脈

 朝鮮総連本部が、“債務逃れ”とも思える手法で、元公安調査庁長官の緒方重威氏(73)が代表を務める会社に所有権移転されていた件、東京地検が「仮装売買」容疑で捜査を始めたのは大手マスコミ既報の通り。13日午後、渦中の緒方氏は記者会見し、「仮装売買ではない」、「日本の国益になる」など持論を展開したが、鵜呑みにはできない。本紙はこの緒方氏がある政商の顧問弁護士をしていたとの証言を得た。そして、この政商は向こうとパイプがあり、しかも過去、「仮装売買」で逮捕されていた事実があったのだ……。
 6月15日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「朝日新聞」記者を名誉毀損で告訴、受理直後、逮捕された元東洋大学教授 | トップページ | 「週刊新潮」が今週号で、コムスンの告発記事を載せれなかった理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/15438312

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮総連本部売却問題の元公安調査庁長官の背後に見え隠れするあるブラック人脈:

« 「朝日新聞」記者を名誉毀損で告訴、受理直後、逮捕された元東洋大学教授 | トップページ | 「週刊新潮」が今週号で、コムスンの告発記事を載せれなかった理由 »