« コムスン指定打ち切りに加え、グッドウィル・グループ本体でも大ダメージになり得る「データ装備費」天引き疑惑(続報) | トップページ | これがグッドウィル・折口会長が女性漁りをしていた問題の現場と仲介人 »

2007.06.19

総連売却問題ーー緒方重威元公安調査庁長官が関わった理由(Ⅰ)

 本紙はいち早く、バブル時代に暗躍した不動産会社「三正」の元社長・満井忠男氏と元公安調査庁長官・緒方重威氏との密接な関係を物語る満井元社長の東京都世田谷区野毛の元自宅について報じた。いま現在、この自宅は満井氏以外の会社に所有権が移っているが、その購入資金はオリックスから借り入れているようで、この元自宅を担保に、いま現在も緒方氏は4億3000万円もの債務者になっていると指摘した。その後の取材で、その経緯などがある程度、判明したので報告したい。以下の謄本をご覧いただけければわかるように、この元自宅の所有権はその後、「ティー・アール・イー」という会社から、「S・KO」という会社に移転している……。
 6月19日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« コムスン指定打ち切りに加え、グッドウィル・グループ本体でも大ダメージになり得る「データ装備費」天引き疑惑(続報) | トップページ | これがグッドウィル・折口会長が女性漁りをしていた問題の現場と仲介人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/15488419

この記事へのトラックバック一覧です: 総連売却問題ーー緒方重威元公安調査庁長官が関わった理由(Ⅰ):

« コムスン指定打ち切りに加え、グッドウィル・グループ本体でも大ダメージになり得る「データ装備費」天引き疑惑(続報) | トップページ | これがグッドウィル・折口会長が女性漁りをしていた問題の現場と仲介人 »