« <*新連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第13回「溺れる芸能人が藁にもすがる新興宗教。が、それで人気が出るわけではない!!」 | トップページ | 大手紙報道で、いよいよ火がつくか?「中野サンプラザ」大島一成会長の疑惑 »

2007.06.24

<書籍紹介>『年金の悲劇ーー老後の安全はなぜ消えたか』(岩瀬達哉。講談社)

 年金問題が連日、マスコミを賑わしている。国会審議の延長が決まり、自民党はこれで年金問題に関する国民の不満が和らぐと見ているかも知れないが、それは甘い。本書は約3年前に刊行されたが、厚生労働省、社会保険庁、そして政府・自民党が我々から集めた年金をいかに食い物にして来たかが詳しい実例と共に紹介されており、まったく古さを感じさせない内容だ。疑うことが仕事といってもいい本紙・山岡さえ、そこに書かれている実例は、「ここまでやるか」と絶句したほど悪質な内容のオンパレード。いま、問題になっている記録不備など彼らの犯罪のほんの一角に過ぎない。岩瀬氏曰く、「そもそもいかに集めるだけ集め、それを自分たちの利権にするかしか年金官僚は考えていないのですから、記録不備は当然の帰結とも言えます」……。
 6月23日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <*新連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第13回「溺れる芸能人が藁にもすがる新興宗教。が、それで人気が出るわけではない!!」 | トップページ | 大手紙報道で、いよいよ火がつくか?「中野サンプラザ」大島一成会長の疑惑 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/15537885

この記事へのトラックバック一覧です: <書籍紹介>『年金の悲劇ーー老後の安全はなぜ消えたか』(岩瀬達哉。講談社):

» 消えた年金記録「発覚」の発端は与党側? [ペガサス・ブログ版]
社会保険庁の,杜撰という言葉でも表現できないようなでたらめな仕事ぶりには言葉もないが,このニュースが突然出てきた背景には,多くのブロガーが指摘するように,やはり「アメリカの圧力」,具体的には同国の保険業界の意図があるのだろう.それを調べる一つの鍵はこのニュースの出現の仕方にあると思われる. この件での第一報は2007年5月9日(水)23:39 asahi.comと思われる.JUNSKYblog2007さんが次の記事で部分引用している.  「宙に浮いた年金」5千万件 元のasahi.comの記事... [続きを読む]

受信: 2007.06.24 23:58

» 御挨拶 (お初にお目に掛かります。以後宜しく御願いします。) [東京発稼ぐアフィリエイト情報]
わたしは77歳の老人ですが、老齢年金月額65,000円では生活が出来ないので2年ほど前からアフィリエイトで月額5万円ほどを稼がせていただいております。わたしの体験から色々な情報商材を調べてわたしの独断と偏見でこれは良いと判断した情報商材を推薦いたします。はじめにアフィリエイトで稼ぐには、まず「何で」アフィリエイトするかを決めるのが最重要です。「何で」とは、例えば、ブログでいくかメルマガでいくかHPにするかという事です。はじめて始める方は、まずは無料でできる方法を選ぶと宜しいで...... [続きを読む]

受信: 2007.07.18 12:40

« <*新連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第13回「溺れる芸能人が藁にもすがる新興宗教。が、それで人気が出るわけではない!!」 | トップページ | 大手紙報道で、いよいよ火がつくか?「中野サンプラザ」大島一成会長の疑惑 »