« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(58)兜町で注目の2銘柄 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(59)解体を免れた地銀と金属価格高騰で注目の2銘柄 »

2007.05.16

ファミリー企業の訴訟で浮かび上がった、腐敗極まる旧郵政利権の実態(第3回)

連載第1回では郵政ファミリー企業への天下りで高額報酬を得ている事実、第2回では、それでいて天下りファミリー企業が暴力団へ利益供与を行っても放置しているデタラメさを具体的に見た。こうした事実は、「弘信観光」という郵政ファミリー傘下企業が“反乱”を起こし、訴訟になったためであることは、第1回目で述べたが、同訴訟で浮かび上がって来た郵政利権のデタラメさはまだまだ他にもある。それは……。
 5月15日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(58)兜町で注目の2銘柄 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(59)解体を免れた地銀と金属価格高騰で注目の2銘柄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/15087865

この記事へのトラックバック一覧です: ファミリー企業の訴訟で浮かび上がった、腐敗極まる旧郵政利権の実態(第3回):

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(58)兜町で注目の2銘柄 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(59)解体を免れた地銀と金属価格高騰で注目の2銘柄 »