« ダイナシティ、「使途秘匿金」6億円で、改めて注目される資産売却先との関係 | トップページ | <*新連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第10回「“現代の歌姫”宇多田ヒカルの祖母(藤圭子母)は、目が見えていた!」(中編) »

2007.05.23

小沢一郎「事務所費」問題ーー死去後、遺族が相続の前例あり

 本紙でも追及して来た、小沢一郎民主党代表の「事務所費」問題について、5月20日発売の総合情報誌『FACTA』6月号が、極めて重要な記事を書いているので紹介しておきたい。この問題の核心は、政治団体には法人格がないことから、団体名(陸山会)では購入不動産を登記できないため、小沢一郎氏の個人名義で登記していると小沢氏側は主張しているが、本当にそうなのかという点。実は小沢氏同様、政治団体資金で複数の不動産を購入したと主張していたにも拘わらず、その不動産を死後、遺族が相続しているという前例があった。その政治家とは玉置和郎元総務庁長官(故人)……(以下にこの3物件の登記簿掲載)。
5月23日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« ダイナシティ、「使途秘匿金」6億円で、改めて注目される資産売却先との関係 | トップページ | <*新連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第10回「“現代の歌姫”宇多田ヒカルの祖母(藤圭子母)は、目が見えていた!」(中編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/15174511

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢一郎「事務所費」問題ーー死去後、遺族が相続の前例あり:

» 無料 エロ 動画 [無料 エロ 動画]
エロい画像や動画は今や簡単に無料で見ることができる世の中になりました。それだけに有料のエロ情報にはより高い品質が求められ、エロ情報を提供する業者は日々顧客の要望を満たすべく努力しています。会員制アダルトサイトをまだ利用したことがない方は、それが提供するエロ情報の品質の高さにきっと驚くことでしょう。... [続きを読む]

受信: 2007.05.23 21:00

« ダイナシティ、「使途秘匿金」6億円で、改めて注目される資産売却先との関係 | トップページ | <*新連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第10回「“現代の歌姫”宇多田ヒカルの祖母(藤圭子母)は、目が見えていた!」(中編) »