« 土壌汚染説も飛び出す、東京三菱FUJとミサワホーム巨額債権放棄の裏側 | トップページ | 青田典子“バツイチ発覚会見”の背景 »

2007.05.29

<記事紹介>「バブル再来で帰って来た『事件師』たちーー資産家もヤクザもまとめていただき!」(『オフレコ!』4号。宮崎学)

 田原総一郎責任編集の『オフレコ』4号中の記事。タイトルには出ていないが、無罪になった東証2部「菱和ライフクリエイト」社長だった西岡進氏、現在も公判中の広域暴力団・後藤組の後藤忠政組長のまさに事件の舞台になった虚偽登記されたとされるJR新宿駅南口に程近いビルの元オーナーの軌跡をレポートしている。この元オーナーは現在、フィリピンの片田舎で、いまも暴力団の陰に怯えて生活している。監禁・暴行等を受けた結果、失明し、メードの補助で何とか生活しているという……。
 5月28日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ 

|

« 土壌汚染説も飛び出す、東京三菱FUJとミサワホーム巨額債権放棄の裏側 | トップページ | 青田典子“バツイチ発覚会見”の背景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/15239430

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「バブル再来で帰って来た『事件師』たちーー資産家もヤクザもまとめていただき!」(『オフレコ!』4号。宮崎学):

« 土壌汚染説も飛び出す、東京三菱FUJとミサワホーム巨額債権放棄の裏側 | トップページ | 青田典子“バツイチ発覚会見”の背景 »