« 「上場確実」と、株購入資金名目で騙し取られたと訴えられていた“謎の仕手筋”川上八巳被告 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(51)「本当に危ない!?」と噂される東証1部企業 »

2007.04.10

やはり本紙・山岡VSパシコン訴訟に関与していた亀岡偉民代議士の検察・警察人脈

 本紙・山岡と係争中の世界的な建設コンサルタント企業「パシフィックコンサルタンツグループ」にはコンプライアンス委員会が設けられている。外部の識者に法的問題がないかチェックしてもらう機関だが、会社や代表の不正を糺すどころか、擁護する側に回ることがある。その典型例が日本道路公団の藤井総裁(当時)が辞任に応じなかった時だが、その時と同じメンバーがパシコンの委員になっている。そして、どちらもそれを取り仕切っていたのは亀岡偉民代議士(自民・福島1区)。先の“郵政解散”選挙で当選したばかりの新人だが、中堅ゼネコン「熊谷組」の出身だ。
4月10日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「上場確実」と、株購入資金名目で騙し取られたと訴えられていた“謎の仕手筋”川上八巳被告 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(51)「本当に危ない!?」と噂される東証1部企業 »

コメント

耐震偽装の小嶋ヒューザー社長保釈 検察側の抗告は棄却
http://www.asahi.com/national/update/0411/TKY200704110272.html
2007年04月11日18時30分

 耐震偽装事件で詐欺罪に問われたヒューザー社長、小嶋進被告(53)が11日、勾留(こうりゅう)先の東京拘置所から保釈された。東京地裁が9日に保釈を認める決定をしたが、検察側が抗告。東京高裁が11日に棄却した。保釈保証金は1500万円で、

現金で納付したという。

 小嶋被告は昨年5月に逮捕されて以来、約11カ月ぶりに身柄拘束を解かれた。

投稿: ちょろいわ、こいつら | 2007.04.11 20:12

ヒューザー小嶋社長の資産5337万円余 住民に配当へ
http://www.asahi.com/national/update/1228/TKY200612280077.html
2006年12月28日09時33分
 耐震強度偽装事件に絡んだヒューザーや同社の小嶋進社長などの破産手続きで、第2回債権者集会が27日、東京地裁で開かれた。破産管財人の瀬戸英雄弁護士は、小嶋社長の個人資産が5337万9499円で、税金などを差し引いた現時点の残高が3852万6463円と明らかにした。

 小嶋社長はヒューザーの損害賠償を連帯保証する意向を表明しており、債権額に応じて強度不足のマンション住民らに配当される見込みだ。

投稿: 自家用ジェット | 2007.04.11 20:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/14632475

この記事へのトラックバック一覧です: やはり本紙・山岡VSパシコン訴訟に関与していた亀岡偉民代議士の検察・警察人脈:

« 「上場確実」と、株購入資金名目で騙し取られたと訴えられていた“謎の仕手筋”川上八巳被告 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(51)「本当に危ない!?」と噂される東証1部企業 »