« <*新連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第6回「母・海老名香葉子は即刻、政府・教育審議会委員を辞めよ!」  | トップページ | 防衛省A級競争入札業者「山田洋行」と三井住友銀行との只ならぬ関係(実例1) »

2007.04.23

<記事紹介>「核心 暴対法で“うっぷん”蓄積。準構成員増え統制とれず」(「東京新聞」(07年4月21日朝刊)

 長崎市長射殺事件に続き、東京・町田の発砲・立てこもり事件と、暴力団関係者による銃器犯罪が立て続けに起きたことで、「東京新聞」が解説記事を載せている。本紙・山岡も、決して専門家というわけではないが、原稿締め切り時間の都合もあったようで要請を受け、コメントしておいた。ところで、そのコメントのなかでも触れた暴力団の株式市場への進出だが、実はこの2月末、大量取得して話題になっている正体不明の企業がある。
 4月23日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <*新連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第6回「母・海老名香葉子は即刻、政府・教育審議会委員を辞めよ!」  | トップページ | 防衛省A級競争入札業者「山田洋行」と三井住友銀行との只ならぬ関係(実例1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/14822677

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「核心 暴対法で“うっぷん”蓄積。準構成員増え統制とれず」(「東京新聞」(07年4月21日朝刊):

« <*新連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第6回「母・海老名香葉子は即刻、政府・教育審議会委員を辞めよ!」  | トップページ | 防衛省A級競争入札業者「山田洋行」と三井住友銀行との只ならぬ関係(実例1) »