« <主張>「集団自決」に関し、教科書検定で、日本軍の「強制」が削除されたことについて | トップページ | 裁判所も認定した、世界的コンサル企業パシコン前社長・荒木民生氏の疑惑(「判決文」より。第4回) »

2007.04.08

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(50)「貸借取引銘柄別制限処置等一覧」

「東洋建設」は、本紙指摘の通りの理由からなのだろうか、出来高が急増、一挙に株価が25%跳ね上がったことから、先週の4月4日に新規売り、現引きが停止された。「貸借取引」とは、信用取引において証券会社が投資家の注文に応じきれない場合、証券金融会社から借りることを指す。そして、この貸借取引を行うことのできる銘柄を「貸借取引銘柄」と呼ぶ……。
 4月8日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <主張>「集団自決」に関し、教科書検定で、日本軍の「強制」が削除されたことについて | トップページ | 裁判所も認定した、世界的コンサル企業パシコン前社長・荒木民生氏の疑惑(「判決文」より。第4回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/14610127

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(50)「貸借取引銘柄別制限処置等一覧」:

« <主張>「集団自決」に関し、教科書検定で、日本軍の「強制」が削除されたことについて | トップページ | 裁判所も認定した、世界的コンサル企業パシコン前社長・荒木民生氏の疑惑(「判決文」より。第4回) »