« 防衛省A級競争入札業者「山田洋行」の“内紛”(2)ーー退社した元幹部等への退職金支払い拒否をしていた現経営陣 | トップページ | <主張>「集団自決」に関し、教科書検定で、日本軍の「強制」が削除されたことについて »

2007.04.08

<記事紹介>「119番しても助からない! 救急車“タライ回し地獄”の戦慄実態」(『週刊大衆』4月2日発売号)

 救急車で病院に急行しようにも、救急指定病院で次々と受け入れ拒否され、重大な病気の場合、生命の危険までさらされるケースが近年、増えているようだ。だが、これは決して医者の怠慢によるものではない。わが国の医療政策が破綻しており、結果、救急病院の医者の数、小児科や産婦人科など手間やリスクが多い専門医のなり手が不足しているからなのだ。冒頭の2つの新聞記事を見比べると、医療分野にもファンドを導入することで、こうした医師不足も解消すると錯覚しそうだが、これはとんでもない誤り。コスト削減の名目の下、儲けの薄い治療は敬遠され、医療費を負担できないような者は相手にされなくなるに決まっている……(以下に、記事転載)。
 4月7日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 防衛省A級競争入札業者「山田洋行」の“内紛”(2)ーー退社した元幹部等への退職金支払い拒否をしていた現経営陣 | トップページ | <主張>「集団自決」に関し、教科書検定で、日本軍の「強制」が削除されたことについて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/14598292

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「119番しても助からない! 救急車“タライ回し地獄”の戦慄実態」(『週刊大衆』4月2日発売号):

« 防衛省A級競争入札業者「山田洋行」の“内紛”(2)ーー退社した元幹部等への退職金支払い拒否をしていた現経営陣 | トップページ | <主張>「集団自決」に関し、教科書検定で、日本軍の「強制」が削除されたことについて »