« 『週刊朝日』問題、安倍首相“圧力”は側近記者とのデキレースの模様 | トップページ | 『週刊新潮』も指摘する、吉本興業「ファンダンゴ」完全子会社化の不可解さ »

2007.04.26

防衛省A級競争入札業者「山田洋行」と三井住友銀行との只ならぬ関係(実例2)

 前回は東京は青山通りに面した渋谷2丁目にある「山田青山ビルディング」の75億5000万円の根抵当権を三井住友銀行は外してやり、山田洋行グループのダミー会社と思われる米国ネバダ州ラスベガス市の会社に所有権が移転。現在、この物件はまったく抵当権が付いていないピカピカの優良物件になっている事実をお伝えした。同じような、三井住友銀行による巨額の抵当権外しは銀座においても見られた。こちらは銀座6丁目の「第2ソワレビル」という地下1階地上5階の飲食店の入る雑居ビル。共同担保ながら、三井住友銀行によって56億円の根抵当権が設定されていた。所有者は実例1同様、山田洋行グループの「弥生不動産」だったところ、こちらは英国……。
 4月26日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 『週刊朝日』問題、安倍首相“圧力”は側近記者とのデキレースの模様 | トップページ | 『週刊新潮』も指摘する、吉本興業「ファンダンゴ」完全子会社化の不可解さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/14849419

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛省A級競争入札業者「山田洋行」と三井住友銀行との只ならぬ関係(実例2):

« 『週刊朝日』問題、安倍首相“圧力”は側近記者とのデキレースの模様 | トップページ | 『週刊新潮』も指摘する、吉本興業「ファンダンゴ」完全子会社化の不可解さ »