« 不可解なダヴィンチ・アドバイザーズとSPC、旧・郵政互助会との取引 | トップページ | あの「目黒雅叙園」増築計画への疑問(複数の「ハゲタカ」外資が蠢く) »

2007.04.28

緊急寄稿「バージニア工科大学乱射事件に犯人を駆り立てた背景」

 筆者・生田哲(薬学博士)。1955生。東京薬科大学卒。がん、糖尿病,遺伝子研究で有名なシティオブホープ研究所、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)などの博士研究員を経てイリノイ工科大学助教授(化学科)。今回の事件、そしてわが国でも少年や青年による凶悪事件が後を絶たない中、さまざまな動機等が出ているが、筆者がつい先日出した『インフォドラッグーー子どもの脳をあやつる情報操作』(PHP新書)は、テレビゲームが覚せい剤同様、脳内ドーパミンを大量に放出、ゲーム依存症にさせ、脳と心に深刻なダメージを与えることがあるとの説を取り上げ、大きな反響を呼んでいる。寄稿原稿タイトル(1)コロンバイン高校射事件犯人を「殉教者」と称えていた犯人、(2)抗うつ薬SSRIを服用、(3)テレビゲームに取り憑かれていた、(4)前頭葉の発育不足から暴力的に、(5)インフォドラッグから子供を守るには。
4月28日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 不可解なダヴィンチ・アドバイザーズとSPC、旧・郵政互助会との取引 | トップページ | あの「目黒雅叙園」増築計画への疑問(複数の「ハゲタカ」外資が蠢く) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/14876881

この記事へのトラックバック一覧です: 緊急寄稿「バージニア工科大学乱射事件に犯人を駆り立てた背景」:

» 乱射事件の工科大学で卒業式!そのはいごには!? [乱射事件の工科大学で卒業式!そのはいごには?]
 米バージニア工科大学で行われた卒業式に出席した銃乱射事件犠牲者の遺族(手前)。スクリーンには死亡した学生と教員の写真が映し出され、死亡した学生全員には学位の授与が認められた(11日、ブラックスバーグ)... [続きを読む]

受信: 2007.05.13 01:49

« 不可解なダヴィンチ・アドバイザーズとSPC、旧・郵政互助会との取引 | トップページ | あの「目黒雅叙園」増築計画への疑問(複数の「ハゲタカ」外資が蠢く) »