« <記事紹介>「核心 暴対法で“うっぷん”蓄積。準構成員増え統制とれず」(「東京新聞」(07年4月21日朝刊) | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(55)「あるある」問題関係者にインサイダー疑惑? »

2007.04.24

防衛省A級競争入札業者「山田洋行」と三井住友銀行との只ならぬ関係(実例1)

 連載を続けている、内紛を機に数々の怪しげな動きや疑問点などが浮上している防衛省A級入札業者「山田洋行」だが、本題の三井住友銀行との只ならぬ関係を見ていこう。東京は渋谷区渋谷2丁目にある山田洋行グループの一社「弥生不動産」が所有していたビルを巡る取引から。このビル、JR渋谷駅にもほど近い南青山通り沿いという超一等地にある。地下1階地上9階建て。約12年前、山田洋行グループが建てたもの。そして、このビルには合計75億5000万円の根抵当権が三井住友銀行によって設定されていた……。
4月24日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <記事紹介>「核心 暴対法で“うっぷん”蓄積。準構成員増え統制とれず」(「東京新聞」(07年4月21日朝刊) | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(55)「あるある」問題関係者にインサイダー疑惑? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/14828691

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛省A級競争入札業者「山田洋行」と三井住友銀行との只ならぬ関係(実例1):

« <記事紹介>「核心 暴対法で“うっぷん”蓄積。準構成員増え統制とれず」(「東京新聞」(07年4月21日朝刊) | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(55)「あるある」問題関係者にインサイダー疑惑? »