« 「アライヴコミュニティ」内紛の追加情報 | トップページ | 例年通り、「怪文書」乱れ飛ぶ統一地方選挙後半戦 »

2007.04.15

IXI事件を機に決算見直しを行い、大幅下方修正した「サイバーファーム」ーー問題の「東京リース」との売上高をゼロに

 東証2部に上場していた「アイ・エックス・アイ」(民事再生法申請)の架空取引疑惑が浮上した際、関連が指摘された沖縄の上場企業「サイバーファーム」ーーそのサイバー社は4月12日、2006年12月期の「決算短信」等の訂正を発表した。まさにIXI事件を機に見直した結果、06年12月期の連結売上高を約140億円から約83億円、純利益は8億9300万円から5億400万円へとなど、大幅な業績下方修正を行ったのだ。実は本紙が得た情報によれば、IXIの時に話題を呼んだ「東京リース」だけでなく、ヘラクレス上場の……。
4月14日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「アライヴコミュニティ」内紛の追加情報 | トップページ | 例年通り、「怪文書」乱れ飛ぶ統一地方選挙後半戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/14686897

この記事へのトラックバック一覧です: IXI事件を機に決算見直しを行い、大幅下方修正した「サイバーファーム」ーー問題の「東京リース」との売上高をゼロに:

« 「アライヴコミュニティ」内紛の追加情報 | トップページ | 例年通り、「怪文書」乱れ飛ぶ統一地方選挙後半戦 »