« 武富士のあの京都駅前遊休地売却巡りトラブルか | トップページ | 西武不正スカウト問題、「報告書」提出の裏で疑惑噴出 »

2007.03.13

情報漏洩の毎日新聞記者諭旨解雇ーーこれでは、現場記者はやってられない(寺澤有氏のコメント。本紙既報の関連記事訂正報告も)

 毎日新聞社会部記者の大平誠氏(41)を、毎日新聞社は3月12日付で諭旨解雇したと本日朝刊で発表した。解雇までした理由は、糸川正晃代議士(国民新党)との取材のやりとりを録音したICレコーダーを糸川代議士の了解を得ることなく、元暴力団組長の山本集氏に渡したことが守るべき一線を越えたためとしている。確かに、建前上はそうだが、しかし、現場で難しい調査報道をしようと思えば、ネタ元との関係でぎりぎりの選択を迫られる場合もある。しかも大平記者は他の者へ情報を流さないことを何度も頼んでいるし、山本氏も流出させたうかつさを謝っている。また、こんな事例が少なくとも発覚したのは大平記者の場合始めてのこと。それでいきなり解雇との処分には現場からも異論の声が聞かれる。そこでジャーナリスト仲間で、こうした問題に詳しい寺澤有氏にコメントを求めた。
 3月13日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 武富士のあの京都駅前遊休地売却巡りトラブルか | トップページ | 西武不正スカウト問題、「報告書」提出の裏で疑惑噴出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/14254899

この記事へのトラックバック一覧です: 情報漏洩の毎日新聞記者諭旨解雇ーーこれでは、現場記者はやってられない(寺澤有氏のコメント。本紙既報の関連記事訂正報告も):

» 労働党 [の出動]
人だった 天気 として キリスト教の各信徒が [続きを読む]

受信: 2007.03.14 00:12

« 武富士のあの京都駅前遊休地売却巡りトラブルか | トップページ | 西武不正スカウト問題、「報告書」提出の裏で疑惑噴出 »