« 毎日新聞記者情報漏洩ーーなぜか、『週刊新潮』も名前を伏せたフリージャーナリストの正体 | トップページ | 産経新聞・住田良能社長と「梁山泊」関係者との癒着疑惑 »

2007.03.08

都知事選前哨、スキャンダル合戦(幻の書籍『慎太郎・愛人』コピー出回る)

 次期東京都知事選挙(3月22日公示、4月8日投票)は、事実上、3選を目指す石原慎太郎知事(74)と、前宮城県知事で慶應大学教授の浅野史郎氏(59)の一騎打ちの様相だが、ご多分に漏れず、この選挙を巡っても、早くもスキャンダル合戦の様相を見せている。浅野氏に関しては今週発売の複数の週刊誌が親族は“当たり屋”だの、元幹部が自殺しただの報じている。だが、現職の石原氏の方の女性スキャンダルはもっとハッキリしており、しかも生々しい。冒頭写真のように、よりによってかつて日の目を見なかった幻の書籍コピーが、ここに来て一部で出回っているのだ。ご覧のように、タイトルは「慎太郎・愛人」。筆者は「村上献太」となっているーー。
 3月8日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 毎日新聞記者情報漏洩ーーなぜか、『週刊新潮』も名前を伏せたフリージャーナリストの正体 | トップページ | 産経新聞・住田良能社長と「梁山泊」関係者との癒着疑惑 »

コメント

マスコミ関係者です。石原慎太郎知事の愛人の某占い師の存在は、都知事周辺では公然の事実。

村上献太氏は、アメリカに在住していた経歴があり、アメリカの情報機関のエージェントという噂がある謎の人物。

投稿: 田中 雄二 | 2009.10.18 05:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/14196213

この記事へのトラックバック一覧です: 都知事選前哨、スキャンダル合戦(幻の書籍『慎太郎・愛人』コピー出回る):

» 東京都知事選挙は石原VS浅野の一騎打ち? [現役雑誌記者による、ブログ日記!]
 3月22日に告示される東京都知事選挙は石原慎太郎、浅野史郎、黒川紀章、吉田万三の著名人に加え恒例のドクター中松が突然出馬宣言。 おっと、昔芸人でならした桜金造も出馬するなどなかなかの「にぎわい選挙」になりそうだ。とはいうものの注目は石原慎太郎現.・・・・・・・・・・・・・... [続きを読む]

受信: 2007.03.21 20:25

« 毎日新聞記者情報漏洩ーーなぜか、『週刊新潮』も名前を伏せたフリージャーナリストの正体 | トップページ | 産経新聞・住田良能社長と「梁山泊」関係者との癒着疑惑 »