« 『週刊新潮』が火を付けた吉本興業の闇 | トップページ | 裁判所も認定した、世界的コンサル企業パシコン前社長・荒木民生氏の疑惑(「判決文」より。第3回) »

2007.03.31

「株式併合」を使った錬金術(軽貨急配、オックスHD、ヒューネット、アライヴ)

 今年2月26日、大証2部「軽貨急配」(4月1日より「トラステックスホールディングス」に社名変更)は4月1日を持って10・1の「株式併合」を行うことを決定したと発表した。一方、この発表後、併合直前の3月20日、同社は70億円分の新株予約権(第3者割当)を発行すると発表した。その予約権の行使価格だが、3月19日の終値が12円だったので、株式併合の割合である10倍=120円を基本とするとしている。問題はこの行使価格には下方修正条項が付いており、最大48円まで認めるというのだ。このカラクリだが……。
 3月31日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 『週刊新潮』が火を付けた吉本興業の闇 | トップページ | 裁判所も認定した、世界的コンサル企業パシコン前社長・荒木民生氏の疑惑(「判決文」より。第3回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/14475826

この記事へのトラックバック一覧です: 「株式併合」を使った錬金術(軽貨急配、オックスHD、ヒューネット、アライヴ):

« 『週刊新潮』が火を付けた吉本興業の闇 | トップページ | 裁判所も認定した、世界的コンサル企業パシコン前社長・荒木民生氏の疑惑(「判決文」より。第3回) »