« <新連載 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第1回「郷ひろみーー僕は議員だぞ、GO、GO! 踊ろう、国会でヘイヘイ♪」 | トップページ | <書籍紹介>『技術職だからできるーー定年後の仕事選び』(田川克巳。ぱる出版。1500円+税) »

2007.03.12

<記事紹介>「社会福祉法人の運営に支障来す神奈川県の行き過ぎた『指導』」(『ベルダ』07年3月号。本紙・山岡)

 真面目に経営を行い、その高い理想故に、行政側に苦言を呈すると煙たがるどころか、行政権を逸脱して介入、潰しにかかることがある。昔の話ではない。神奈川県(保健福祉部)と、社会福祉法人「ラファエル会」を傘下に擁していた「IRA」(芳我衛会長)との対立がそれだ。今回、この異常としか思えない行政側の介入に関し、決定的とも思える事実を掴んだので報告する。社会福祉法人の補助金はそこまで出ないため、当時、ラファエル会の理事長を務めていたIRAの芳我会長が個人的に銀行借入を行って職員寮を建設した。そこで、彼を経営的に破綻させるため、県側がラファエル会に対し裏側で寮として使用しないように指導、結果、IRAとラファエル会の間で支払いの民事訴訟が行われていた(今年1月29日、IRA側全面勝訴の一審判決)のだが、その訴訟の過程で、県の介入があったとしか思えない文書が登場したのだ(記事、証拠文書も以下、転載)。
3月11日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <新連載 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第1回「郷ひろみーー僕は議員だぞ、GO、GO! 踊ろう、国会でヘイヘイ♪」 | トップページ | <書籍紹介>『技術職だからできるーー定年後の仕事選び』(田川克巳。ぱる出版。1500円+税) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/14234637

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「社会福祉法人の運営に支障来す神奈川県の行き過ぎた『指導』」(『ベルダ』07年3月号。本紙・山岡):

« <新連載 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第1回「郷ひろみーー僕は議員だぞ、GO、GO! 踊ろう、国会でヘイヘイ♪」 | トップページ | <書籍紹介>『技術職だからできるーー定年後の仕事選び』(田川克巳。ぱる出版。1500円+税) »