« <お知らせ>地球緑化推進セミナー「北京オリンピック開催に向けての緑化計画と日本への期待」駐日中国大使館参事官・胡勝才氏他 | トップページ | 「モック」と生田女史が手を組んだ背景ーー外資系ファンド・オアシスとの攻防 »

2007.02.05

安倍政権にさらなる打撃を与える地元し尿処理場トラブルの闇(1)ーー側近市長が実績ない癒着企業に受注させたツケか

 ついに懸念していたことが起きた。安倍晋三首相の地元・山口県下関市には2つのし尿処理場がある。その1つ、「豊浦大津衛生センター」(下関市豊北町)でトラブルが起きているらしいとの情報を本紙が入手したのは1月中旬のことだった。このし尿処理場、処理機械が4機あるが、そのうちの2機が05年8月に故障。すでに耐久年数を過ぎていたことから、これを契機に12億円7800万円をかけて4機とも新品に交換する改修工事が行われ、当初予定では1月5日完成、2月1日から本格稼働することになっていた。ところが、試行運転したところ、蒸発した水分から臭気を取り除く濃縮機が正常に稼働しないなどのトラブルが起き、処理能力を下げて稼働を始めざるを得なくなった。実はこの改修工事、当初から懸念する声が一部で上がっていた。同工事を受注したのは「濱田製作所」という地元企業だが、その下請けにさらに「プラウド」なる地元企業が入った。だが、プラウドは実績ない企業だったことから、当初、濱田製作所は渋ったとされる。故障が起きた時、元請けが全責任を負わされるからだ。「これは江島(潔)市長の官製談合の結果、起きたこと。市民に対する背任行為で、徹底して追及されなければならない。こんな事態になるまで江島市長を支持して来た安倍首相の責任も重い」(地元有力者)。以下に関連書類を添付ーー。
 2月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« <お知らせ>地球緑化推進セミナー「北京オリンピック開催に向けての緑化計画と日本への期待」駐日中国大使館参事官・胡勝才氏他 | トップページ | 「モック」と生田女史が手を組んだ背景ーー外資系ファンド・オアシスとの攻防 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/13794657

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍政権にさらなる打撃を与える地元し尿処理場トラブルの闇(1)ーー側近市長が実績ない癒着企業に受注させたツケか:

« <お知らせ>地球緑化推進セミナー「北京オリンピック開催に向けての緑化計画と日本への期待」駐日中国大使館参事官・胡勝才氏他 | トップページ | 「モック」と生田女史が手を組んだ背景ーー外資系ファンド・オアシスとの攻防 »