« 「『裁判官』が当方主張を認めたから」と、本紙・山岡への1億円訴訟を突如、取り下げていた東理ホールディングス+福村社長 | トップページ | <記事紹介>「高裁勝訴!番組改変告発の前NHKプロジューサーはそれでも『窓際の日々』」(『サンデー毎日』2月18日号) »

2007.02.18

<記事紹介>「書くべきことを書く」(『部落解放』3月号。解放出版社。本紙・山岡)

 2月10日発売『部落解放』3月号の巻頭コラム「水平線」(2頁)に、本紙・山岡に執筆依頼が来た。同紙を発行している「解放出版社」(大阪市浪速区)は、部落解放同盟の出版部門の株式会社。部落問題以外にも、マイノリティが抱える様々な問題の記事や書籍を発行している。昨今、「同和行政」、「同和利権」に関する問題が数々と表面化しており、本紙でも一部取り上げているなか、山岡が返事をすぐしなかったため、編集者は、執筆してもらえないのではと懸念したという。申し訳なかったのだが、返事が遅れたのは怠慢のせいで、執筆依頼を断る気は当初から微塵もなかった。問題が起きていることを持って、解放同盟の運動そのものを否定するつもりは、もちろん、まったくないからだ。むしろ、「格差社会」のなか、マイノリティはますます窮地に陥っており、その真価が本当に問われるのはむしろこれからではないだろうか。以下に、駄文を転載しておく。
2月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「『裁判官』が当方主張を認めたから」と、本紙・山岡への1億円訴訟を突如、取り下げていた東理ホールディングス+福村社長 | トップページ | <記事紹介>「高裁勝訴!番組改変告発の前NHKプロジューサーはそれでも『窓際の日々』」(『サンデー毎日』2月18日号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/13960501

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「書くべきことを書く」(『部落解放』3月号。解放出版社。本紙・山岡):

« 「『裁判官』が当方主張を認めたから」と、本紙・山岡への1億円訴訟を突如、取り下げていた東理ホールディングス+福村社長 | トップページ | <記事紹介>「高裁勝訴!番組改変告発の前NHKプロジューサーはそれでも『窓際の日々』」(『サンデー毎日』2月18日号) »