« 石原都知事に吹き出した新たな献金疑惑 | トップページ | <書籍紹介>『「うつ」は食べて治す』(生田哲。PHP研究所。1300円+税) »

2007.02.26

<記事紹介>「告発! 鳥越俊太郎『嘘と恫喝テープ』を独占公開」(『フラッシュ』07年2月27日)

 朝のワイドショー『スーパーモーニング』(テレ朝系)などでお馴染みのジャーナリスト・鳥越俊太郎氏を告発した記事だ。2月13日発売と、すでにかなり時間が経ってしまったのは、敢えて紹介する価値があるか、少々迷った結果だ。というのは、鳥越氏は大手マスコミによく露出しているジャーナリストのなかでは良心的な部類に入るという評が一般的だし、今回、取り上げた記事は、彼がネットの市民参加型ニュースサイト『オーマイニュース』編集長を辞めると報じた記者に対し、そんな発言はしていないと罵倒したが、「辞める」旨発言をしていた証拠のテープが存在したという内容で、鳥越氏が嘘をついたのは明らかだが、ジャーナリストとして極めて重要な取材に関しての嘘ではなかったからだ。だが、結局、この記事を取り上げたのは、極めて重要な取材に関しても同様のことがあったとする記事を発見したからだ。それは、ジャーナリスとして高い評価を得ている寺澤有氏が運営するサイトで報じられている。「鳥越俊太郎と盗聴法、共謀罪、『オーマイニュース』」というタイトルで、すでに15回にも達するーー。
2月25日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 石原都知事に吹き出した新たな献金疑惑 | トップページ | <書籍紹介>『「うつ」は食べて治す』(生田哲。PHP研究所。1300円+税) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/14052027

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「告発! 鳥越俊太郎『嘘と恫喝テープ』を独占公開」(『フラッシュ』07年2月27日):

» 自己矛盾の共謀罪自民党修正案に野党、日弁連反発!〜「共謀罪は不要」 [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士]
朝日新聞によると、【国会審議が立ち往生している「共謀罪」の創設法案を再検討し、対象犯罪を大幅に絞り込む検討を進めていた自民党法務部会の小委員会(笹川尭委員長)は27日、国会に提出済みの政府案に対する修正案要綱の骨子をまとめた】という。これって、矛盾してねぇ。だって、政府は、いまも、次のような主張を法務省HPに掲載している。 ■■法務省HP引用開始■■ Q4  共謀罪は,たくさんの罪を対象としていますが,もっと限定できないのです... [続きを読む]

受信: 2007.02.28 01:44

« 石原都知事に吹き出した新たな献金疑惑 | トップページ | <書籍紹介>『「うつ」は食べて治す』(生田哲。PHP研究所。1300円+税) »