« 「日興コーディアルグループ」粉飾決算疑惑徹底追及のため、民主党が専門チーム設立 | トップページ | “学位販売ビジネス”の広告塔を務める著名人たち »

2007.02.03

東京大気汚染訴訟ーー「環境に優しいトヨタ?」。原告、東京本社前に座り込み

 東京大気汚染訴訟の原告約50名が、2月1日から「トヨタ自動車」の東京本社(文京区。左写真)前で座り込みをしている。6日まで続ける予定(土、日は除く)。この訴訟は、車公害による喘息被害者99名が、国、東京都、トヨタを始めとする自動車メーカー等を被告に、総額約22億3800万円の損害賠償と汚染物質の排出差し止めを求めて東京地裁に提訴したもの。2002年10月の一審判決では国、自治体、道路公団の責任を認め、道路から50㍍以内に居住する7名に対し補償金7920万円の支払いを命じた。これに対し、原告、被告とも控訴(東京都は除く)。昨年9月、東京高裁が和解を促し、都、自動車メーカーは前向きな態度を見せているが、国は未だに「大気汚染と喘息との因果関係が認められない」として拒否している。原告の西順司原告団長は、今回、トヨタ東京本社前で座り込み行動に出た狙いについて、こう語る……。
2月2日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「日興コーディアルグループ」粉飾決算疑惑徹底追及のため、民主党が専門チーム設立 | トップページ | “学位販売ビジネス”の広告塔を務める著名人たち »

コメント

保有個人情報開示請求に対し、トヨタホーム東京株式会社は「開示すると開示請求者を不安な心理に陥らせるので、全て開示しない。」と文書回答した。とうてい納得できない理由である。
個人情報保護法に基づき、監督官庁である国土交通省にトヨタホーム東京の文書回答を添えて苦情申し立てし、是正を求めた。対応は、国土交通省総合政策局情報管理部情報企画課である。「行政相談として扱う。その後の経過ついては連絡する。」と回答した。
1ヶ月たっても連絡がないので、進捗状況を問い合わせた。「トヨタホーム東京に任意の聴取に応じるように伝える。」と回答した。その1週間後に進捗状況を問い会わせると、「来週の月曜日に聴取を行う。」と回答した。しかし、話の中でツジツマが会わない点があり問い詰めると、「苦情申立書を読んでいない。」と発言した。それまでの回答は嘘であった。
★国土交通省総合政策局情報管理部情報企画課は、個人情報保護法が義務付けている業務を放棄した。

投稿: トヨタホーム東京の被害者 | 2007.02.03 06:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/13767221

この記事へのトラックバック一覧です: 東京大気汚染訴訟ーー「環境に優しいトヨタ?」。原告、東京本社前に座り込み:

» トヨタ レンタカー [トヨタ レンタカー@トヨタ レンタカーナビ]
トヨタ レンタカーのことならトヨタ レンタカー@トヨタ レンタカーナビにおまかせ! [続きを読む]

受信: 2007.02.06 23:14

» トヨタレンタリースのお得な割引 [高速道路を快適に!ETCカードとETC車載器]
トヨタレンタリースを便利でお得に使うためにトヨタレンタリースでは割引が設定されています。いくつか挙げてみよう。 [続きを読む]

受信: 2007.02.09 09:28

» 汚染物質から体を守る [ダイエット ビューティーライフ]
有害物質の大部分は食べ物から体内に入ってくるんですよ。 ですから、食材の選択によっては、汚染... [続きを読む]

受信: 2007.02.20 04:29

« 「日興コーディアルグループ」粉飾決算疑惑徹底追及のため、民主党が専門チーム設立 | トップページ | “学位販売ビジネス”の広告塔を務める著名人たち »