« <記事紹介>「『ガセメール』騒動のあの人は“豪邸”の中で今もピリピリ」(『週刊朝日』2月16日号) | トップページ | <映画紹介>『君が代不起立』(87分。2006・ビデオプレス) »

2007.02.12

鹿砦社名誉毀損訴訟、控訴審判決日迫る(2月27日)--14日には松岡社長が日本外国特派員協会で会見

 本紙でも既報のように、わが国の「言論の自由」の行方を探る上でも極めて注目される(本紙・山岡もこの訴訟で鹿砦社側の「賛同人」に名を連ねている)出版社「鹿砦社」(兵庫県西宮市)・松岡利康社長の名誉毀損訴訟(一審は懲役1年2月、執行猶予4年)の控訴審判決日がいよいよ迫って来た(2月27日午前10時30分。大阪高裁)。それに先立ち、松岡社長は日本外国特派員協会(東京・有楽町)で2月14日(水)午後3時から記者会見を行うそうだ。一方、並行して争われていた民事訴訟の方で2月2日、最高裁は鹿砦社側の上告を棄却しているーー。
 2月12日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <記事紹介>「『ガセメール』騒動のあの人は“豪邸”の中で今もピリピリ」(『週刊朝日』2月16日号) | トップページ | <映画紹介>『君が代不起立』(87分。2006・ビデオプレス) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/13883895

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿砦社名誉毀損訴訟、控訴審判決日迫る(2月27日)--14日には松岡社長が日本外国特派員協会で会見:

« <記事紹介>「『ガセメール』騒動のあの人は“豪邸”の中で今もピリピリ」(『週刊朝日』2月16日号) | トップページ | <映画紹介>『君が代不起立』(87分。2006・ビデオプレス) »