« <お知らせ>シンポジウム「第2次世界大戦の検証」アフターブ・セット/東中野修道/松本道弘/南出喜久治等 | トップページ | <書籍紹介>『911自作自演テロとオウム事件の真相』(リチャード・コシミズ。自費出版) »

2007.01.07

<記事紹介>「骨抜きにされる『政府系金融』改革―ー官僚になめ切られる安倍」(『選択』07年1月号)

 会員制総合情報誌『選択』に驚くべき記事が出ていた。本紙でも度々その問題点を指摘して来た国際協力銀行(JBIC)は、紆余曲折はあったものの、独立金融機関でなくなることが決定したはずだ。ところが昨年12月、財務省の方から、「法人格を与えたい(新政府系金融機関の子会社として)」との声が聞こえてきて、元金融相の伊藤達也代議士は激怒したというのだ。幸い、この件は、中川秀直幹事長も「とんでもない!」と伊藤代議士に同調し、白紙になったというのだが、この動きの狙いは、「現在も篠沢恭助事務次官(右写真)がトップに天下っているように、財務省の天下り先として最高級の旨みがあるからだ」と断じている。
 1月7日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <お知らせ>シンポジウム「第2次世界大戦の検証」アフターブ・セット/東中野修道/松本道弘/南出喜久治等 | トップページ | <書籍紹介>『911自作自演テロとオウム事件の真相』(リチャード・コシミズ。自費出版) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/13374199

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「骨抜きにされる『政府系金融』改革―ー官僚になめ切られる安倍」(『選択』07年1月号):

« <お知らせ>シンポジウム「第2次世界大戦の検証」アフターブ・セット/東中野修道/松本道弘/南出喜久治等 | トップページ | <書籍紹介>『911自作自演テロとオウム事件の真相』(リチャード・コシミズ。自費出版) »