« 特別寄稿「騙されるな! 債務整理ビジネスの悪質な手口」(連載第5回。ジャーナリスト・北健一)  | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(18)「アドテックス」の営業権譲渡先候補 »

2007.01.04

本紙が1年半前に指摘していた、世界のネスレの自然公園法違反

 大手飲料メーカーの「ネスレ日本」(本社・神戸市)の下請け業者「富士アクア」(山梨県西桂町。前田秀一社長)が、山梨県に対して許可申請せず、国立公園内に取水施設やフェンスなどを設置していたことから、2006年7月、県から厳重注意処分を受けていたことがわかったとして、全国紙各紙が報じたのは2006年12月29日から30日にかけてのことだった。この取水施設を利用し、ネスレ日本はミネラルウォーター「こんこん湧水」を昨年まで発売していた。実は本紙はこの事実を、すでに2005年10月30日に報じている。同記事中、F社としているのが富士アクアのことだ。全国紙の記事は、この富士アクアの取締役に以前、地元・西桂町の前田勝弘町長が就いていた事実に止めているが、本紙記事を一読すればおわかりのように、この疑惑は遠戚関係の立場を利用して前田町長自らも不正に関与していた疑いがあり、根はもっと深い。何しろ、前田町長が保証し、富士アクアが所有していた土地が700万円でネスレ日本に買い取られているのだ(以下に証拠の「覚書」と「土地登記簿謄本」を掲載)。
 1月4日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 特別寄稿「騙されるな! 債務整理ビジネスの悪質な手口」(連載第5回。ジャーナリスト・北健一)  | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(18)「アドテックス」の営業権譲渡先候補 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/13326343

この記事へのトラックバック一覧です: 本紙が1年半前に指摘していた、世界のネスレの自然公園法違反:

» 覚書の書き方について [覚書 書き方 契約書・覚書・念書]
覚書の書き方という記事です。 少しでも参考になればと思います。 [続きを読む]

受信: 2007.01.05 14:20

« 特別寄稿「騙されるな! 債務整理ビジネスの悪質な手口」(連載第5回。ジャーナリスト・北健一)  | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(18)「アドテックス」の営業権譲渡先候補 »