« <記事紹介>「2ちゃん管理人に破産申し立て」(『夕刊フジ』1月17日付) | トップページ | これが疑惑の小沢一郎代議士4億円「秘書独身寮」ーー隣にもう一棟建設中。新たな疑惑も »

2007.01.19

行政処分が出た後も、大手先物「コムテックス」の宣伝マンを続ける著名人たち

 本紙でも既報のように、大手先物業者「コムテックス」(本社・大阪市)は昨年12月、業務改善命令を出された。違法な営業を続けていた結果だ。それにも拘わらず、現在も複数の著名人が同社の宣伝マンを続けている。浜田幸一、鈴木宗男、竹村健一、田原総一朗、日高義樹各氏。彼らにすれば、「講演会の講師を務めているだけ」といいたいのだろうが、その言い分ははなはだ疑問と言わざるを得ない。本紙は2月2日に講演会を行う浜田幸一氏分のコムテックス作成のチラシを入手した。それを見ると、まさに営業用ツール以外の何者でもことがよくわかる。まず、当然といえば当然だが、この講演会は「入場無料」なのだ……(以下に浜田氏チラシのカラー拡大したものを掲載)。
 1月19日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <記事紹介>「2ちゃん管理人に破産申し立て」(『夕刊フジ』1月17日付) | トップページ | これが疑惑の小沢一郎代議士4億円「秘書独身寮」ーー隣にもう一棟建設中。新たな疑惑も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/13575668

この記事へのトラックバック一覧です: 行政処分が出た後も、大手先物「コムテックス」の宣伝マンを続ける著名人たち:

« <記事紹介>「2ちゃん管理人に破産申し立て」(『夕刊フジ』1月17日付) | トップページ | これが疑惑の小沢一郎代議士4億円「秘書独身寮」ーー隣にもう一棟建設中。新たな疑惑も »