« <書籍紹介>『911自作自演テロとオウム事件の真相』(リチャード・コシミズ。自費出版) | トップページ | 特別寄稿「騙されるな! 債務整理ビジネスの悪質な手口」(連載第7回。ジャーナリスト・北健一) »

2007.01.09

「オリコン」のライターへの5000万円提訴について、元名物編集長が本紙にコメント

「オリコン」といえば、いまもヒットチャートなど音楽情報を提供する最大手。2000年11月にはヘラクレスに上場し、07年3月期は約65億円の売上げ(連結)を見込んでいる。そのオリコンが昨年11月17日、フリーライターの烏賀陽弘道氏が名誉毀損行為を行ったとして5000万円の損害賠償と謝罪を求め、東京地裁に提訴したのは既報の通り。問題にされているのは昨年3月発売の月刊誌『サイゾー』に掲載された『“初登場第1位”は上げ底か!? ジャーニーズは超VIP待遇!? 事務所とオリコンの蜜月関係」なるタイトルの編集部記事に寄せたコメント。ただし、同社自身認めているように、烏賀陽氏は2003年2月発売の週刊誌『アエラ』(朝日新聞社)に「オリコン独占去った後チャートはどう読む?」というタイトルの署名記事を書いており、それも根拠不明で誹謗中傷したことが発端だという。そのためなのだろう、通常、名誉毀損訴訟では出版社も訴えるし、まして『サイゾー』記事はコメントを寄せているだけなのに、そのコメントの箇所だけが名誉毀損に当たるとして烏賀陽氏だけ、それも5000万円という高額訴訟を提起したのだった。それだけでも十分に特異だが、加えて、同社の場合、同社プレスリリースのなかで烏賀陽氏が名誉毀損を認め、謝罪したら「提訴はすぐ取り下げます」(前出・社長プレスリリース参照のこと)と、提訴が“恫喝手段"であると公言しているといえ、これまた特異。こうしたことから、自然発生的に烏賀陽氏を支援する動き、また、「オリコンは資本力を背景に横暴だ!」といった声が出て来ており、オリコンの思惑とは違った展開を見せているとの指摘もある。こうしたなか、本紙は実に興味深いコメントをもらうことが出来た。その人物とは、現在、政治ジャーナリストで、元『総合芸能市場調査』編集長の渡辺正次郎氏ーー。
 1月9日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <書籍紹介>『911自作自演テロとオウム事件の真相』(リチャード・コシミズ。自費出版) | トップページ | 特別寄稿「騙されるな! 債務整理ビジネスの悪質な手口」(連載第7回。ジャーナリスト・北健一) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/13406877

この記事へのトラックバック一覧です: 「オリコン」のライターへの5000万円提訴について、元名物編集長が本紙にコメント:

» 芸能スカウトの仕事とはどんな事なのでしょう [芸能スカウト事情]
オーディションを受けたり、スカウトされたり、道はいろいろです。情報収集も大事ですよね。 [続きを読む]

受信: 2007.01.09 23:14

» プロの使っているFXのノウハウで本当に稼げると思いますか? [FXで、成功率97%!1日10%の利益率!]
初心者がプロの使っているデイトレFXのノウハウで本当に稼げると思いますか?プロは、情報処理能力に優... [続きを読む]

受信: 2007.01.19 17:11

« <書籍紹介>『911自作自演テロとオウム事件の真相』(リチャード・コシミズ。自費出版) | トップページ | 特別寄稿「騙されるな! 債務整理ビジネスの悪質な手口」(連載第7回。ジャーナリスト・北健一) »