« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(26)大物事件屋の死 | トップページ | 本紙既報の疑惑の薬局経営者が逮捕に »

2007.01.24

大手先物「コムテックス」、著名人講演会のカラクリ

 本紙は先日、「行政処分が出た後も、大手先物『コムテックス』の宣伝マンを続ける著名人たち」なるタイトル記事を報じた。その後、そのカラクリの詳細がわかったので、ここに追加して報告する。関係者によれば、1回当たりの「経済講演会」のコストは、会場の規模にもよるが、800万円前後だという。「講師への謝礼(50万~200万円)、会場代、宣伝費やチラシ代、講師から購入する500冊程度の書籍代、Eメールもランダムにばら撒きますが、その名簿代等が含まれます」(関係者)。その手配は、代理店A社が行うことが多いが、当日の会場では、コムテックスの総務社員も動員して来客者を迎えるという……。
 1月24日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(26)大物事件屋の死 | トップページ | 本紙既報の疑惑の薬局経営者が逮捕に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/13642543

この記事へのトラックバック一覧です: 大手先物「コムテックス」、著名人講演会のカラクリ:

» アービトラージ(裁定取引) [商品先物取引で失敗しない為の商品先物基本入門]
先物ディーラーやブリオンディラーは、商品間や市場間、隔月間の価格差の理論値を頭に描いており、相場がその理論値をかけ離れると、 [続きを読む]

受信: 2007.01.24 21:10

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(26)大物事件屋の死 | トップページ | 本紙既報の疑惑の薬局経営者が逮捕に »