« 2006年8月6日 - 2006年8月12日 | トップページ | 2006年8月20日 - 2006年8月26日 »

2006.08.19

加藤紘一代議士実家放火事件の背景ーー上部団体は過去、宮澤首相邸前割腹、新潟県知事襲撃を決行

8月15日、加藤紘一元自民党幹事長の山形県内の実家が放火されたのはご存じの通り。本日、山形県警は現場に倒れていた男性の所属していた政治結社を家宅捜索しており、やはり加藤氏の靖国発言に対する政治テロだった可能性がますます色濃くなって来ている。何しろ、本紙はこの政治結社の上部団体を割り出したが、同団体は過去、天皇訪中反対、北朝鮮貨物船「万景峰号」入港阻止のための過激な行動で関係者の間ではよく知られる存在だったのだ。
 8月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2006.08.18

統一教会のダミー組織日本大会に祝電を送っていた安倍官房長官他、国会議員・首長・地方議員一覧(計54名)

今年5月に安倍晋三官房長官が祝電を送って、全国紙でも問題では、と取り上げられたカルト団体「統一教会」のわが国で開催された集会。実はここに祝電を送っていた議員は50名以上いたのだ。なかには議員本人、奥さんが代理出席していた大物議員もいた。その一覧を掲載する。
 8月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

連載①「選挙開票作業の不正疑惑」(千葉県習志野市のケース)ーー告発者の『報告書』より

どこぞの発展途上国の話ではない。どうやら、わが国でも現在も、地方選挙で数百から1000票もあれば逆転可能という地域では不正選挙が罷り通っているようなのだ。票の買収の話ではない。その地方自治体の首長が影響力を行使、職員に票の開票作業で行わせているようなのだ。千葉県習志野市のケースを具体的に見てみよう……。
 8月18日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.17

「シーアイ化成」子会社で手形トラブル。さらに拡大との情報も

「シーアイ化成」は大手商社・伊藤忠商事の関連会社。合成樹脂大手で、東証1部に上場している。要するに、世間的には一流企業で通っているのだが、最近になって同社100%子会社と取引先との間でトラブルが発生、取引先が支払いを拒否する事態が発生。しかも、同様の件が複数あるのだ。こんな大手企業相手に、誰も支払い拒否して心証を悪くしたくないはず。よほどの事情があるようなのだ。
 8月17日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.16

オックスHD、50億円の第3者割当新株予約権発行の裏で気になる動き

「日本振興銀行」の代表に就任したものの、竹中平蔵総務大臣の懐刀だった木村剛氏と袂を分かち退任した落合伸治氏が現在、代表を務めるヘラクレス上場の「オックスホールディングス」は8月14日、50億円にも上る第3者割当新株予約権発行を行うと発表した。この動き、実は本紙はかなり前から知っていた。本紙が入手した資料に同様の提案が載っていたからだ。実はその資料は怪しげな株式ブローカーが投資家に融資話をする際に見せていたものだった……。
 8月16日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.15

安倍幹事長地元・下関市長選公選法違反疑惑ーー「不起訴不当」として検察審査会に異議申し立てへ

8月12日、お国入りして、早くも首相になったも同然のような歓待を受けた安倍晋三官房長官ーーだが、そのお国=山口県下関市で起きていた市長選の公職選挙法違反疑惑は真っ黒だったことが、本紙が入手した関係資料でよりハッキリした。なぜ、検察はこの疑惑を不起訴としたのか? 告発人は「不起訴不当」として検察審査会に異議申し立てするという。
 8月15日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.08.13

「NTTデータ」が取引先企業使い利益操作か

情報・通信システム関連最大手、年間売り上げ高1兆を誇るNTTデータが、取引先企業に「前渡し金」処理を強要し、自社利益を操作している疑いが浮上している。『赤旗』に、取引先企業社長が告発したことが契機となっており、今後、波紋が拡がる可能性もある。
 8月14日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石原都知事が進める新宿歌舞伎町浄化作戦ーー新宿区から指摘され、JR東も協力

この7月、東京はJR新宿駅から“東洋一の歓楽街”といわれる新宿・歌舞伎町へ向かう途中にある巨大な映画などの広告を出している看板が撤去された。この看板はJR東日本の持ち物だが、映画の看板が風紀を乱すということで、新宿区から撤去の要請があったためという。太平洋戦争中の日本でもあるまいに、なぜ、映画の広告がそうなのか? 石原慎太郎都知事の下、着々と進行している新宿浄化作戦に名を借りた超管理社会へ向かう象徴的出来事と言えるだろう。
  8月14日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年8月6日 - 2006年8月12日 | トップページ | 2006年8月20日 - 2006年8月26日 »