« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »

2006.08.04

ハリー・ポッター翻訳者申告漏れで、邱永漢氏は大丈夫? の声

ハリー・ポッター翻訳者は節税狙いでスイスに居住するも追徴課税に。それに先立ち、香港居住で節税を図った投資コンサツタントにして直木賞作家の邱永漢氏。そして、その邸氏に再度の追徴課税の噂も。その証拠を有料閲覧箇所で披露しよう。
8月4日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨額広告で報道はもみ消し、右翼には現金支払い口封じーートヨタ、欠陥車放置問題

 世界の大企業・トヨタ自動車ーーだが、その巨大さ故、傲慢極まる体質になってしまったのか。欠陥自動車を放置し、巨額広告費でマスコミを黙らせるばかりか、右翼にまで“利益供与”。さらに、県警の捜査まで批判。まさに「驕るなかれ」なのだ。
8月4日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.08.03

安倍官房長官の地元・下関市市長選における選挙違反疑惑ーー山口地検は全員を不起訴に

これで不起訴なら、いったい、どんなケースなら選挙違反に問われるというのだろうか。7月28日、山口地検は安倍晋三官房長官の地元・山口県下関市市長選で公職選挙法違反に問われた自民党幹部等12名全員を不起訴にしたと通知した。10名の市議全員に、自民党幹部は現金を渡したことは認めているにも拘わらずだ。
  8月3日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

<記事紹介>大物占い師など著名人も利用。「ヨーロパ某国大使館『秘密カジノ』パーティーの闇」(『週刊大衆』)

「治外法権」であることにいいことに、わが国の欧州某国大使館はあろうことか場所貸し賃欲しさに、某指定暴力団関係者と手を組み、そこではバカラ賭博が毎晩のように開帳されているというのだ。そして、そこには誰もが知る大物占い師や、大物演歌歌手Kも顔を見せているという。
  8月3日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.02

情報開示が遅いのではーー楽天に続き、ソニー生命では保険料計算ミスを調査中との情報

昨日の楽天の顧客情報流出に続き、今度はソニー生命が保険料の未払い分が計算ミスでかなり出る模様なのに、未だ正確な金額が出ておらず、「調査中」であることを理由に情報開示していないとの情報が、本紙に寄せられた。それにしても、社会的責任が重い企業ではあるにも関わらず、なぜ、こうも情報開示が遅いのだろう。
 8月2日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ファーネス工業、増資計画との情報

日本ファーネス工業に増資を持ちかけているのは仕手筋のKの模様。このK、ついこの間発表になったA.Cホールディングスの増資にも関与。その資金の一部を日本ファーネス、さらに最近、事件化して危機の菱和ライフクリエイト株にも注ぎ込むとの情報があるのだ。
8月2日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国クラブ摘発ーー捜査情報漏洩か(続報)

本紙が昨日報じた、東京・赤坂の韓国クラブ「ピノキオ」の摘発は、結局、ホステス2名が逮捕されるに止まった。それにしても、なぜ、警視庁は記者発表しないのか。また、なぜママを逮捕しなかったのか。その背後には……。
  8月2日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どこまで闇に迫れるか!? 愛知・半田の軽油密造事件ーー愛知県が5容疑者を告発

この事件、表面だけみれば、他の軽油密造事件と大差ない。だが、実はこの事件には社会的にはかなりの大手として名が通っている企業代表が関与している可能性がある。そのヒントは、今回愛知県が告発した5名のなかに、Y石油の娘婿が入っている点。
  8月1日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.01

<記事紹介>本紙・山岡もコメント。「安倍首相でいいのか!」(『サンデー毎日』)

 本日発売の『サンデー毎日』が、巻頭大特集で「安倍首相でいいのか!」を」やっており、本紙・山岡もコメントしている。コメント部分は安倍代議士と、宗教団体のような「慧光塾」という団体との関係についての部分。テポドンが飛んで来ても東京湾に住む龍神様が風を吹きかけ、日本に着弾しないようにしてくれるとのトンデモ発言をする“教祖"が代表を務める2つの関連会社役員にかつて就任する程、安倍代議士は親密な仲だったのだ。これで、本当に一国の総理が務まるのか!?
8月1日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

韓国クラブ摘発ーー捜査情報漏洩か(東京都港区赤坂)

昨晩、警視庁本庁組織犯罪対策部などは、東京・赤坂の韓国クラブ「ピノキオ」を入管難民法違反などで摘発した。問題なのは、本紙の元に事前にその摘発情報が届いていた事実。なぜ、こんなことが起こり得るのか?
 8月1日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽天、463件顧客情報流出ーー本紙指摘に対し、急いで「お知らせ」掲載

「楽天」は同社インターネット上の仮想店舗市場の顧客情報463件が流出したと発表した。だが、これは本紙に指摘され、あわてて認めたもので、今後、さらに増える可能性は十分ある。しかも、本紙が得た内部資料によれば、外部に漏れなければこの事実を公表しないでおこうとしていたフシがあるのだ。しかも、そうした指示を出したのは三木谷社長だというからとんでもないではないか。
 7月31日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.30

<記事紹介>「『アクセス・ジャーナル』の挑戦」(寺澤有「インシデンツ」)

 知人で、優秀な記者である寺澤有氏が、本紙のことを取り上げてくれた。なぜ、山岡は有料化し、本紙を始めたのか? 否、始めざるを得なかったという方が正確だろう。そのことを的確に伝えてくれている。
 7月31日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水谷建設捜査で、未だに大手マスコミがほとんど報じない2人のキーマン

東京地検特捜部が乗り出したサブコン「水谷建設」の捜査。狙いが政治家であることはまず間違いないが、大手マスコミは未だそこに迫る2人のフィクサーについてほぼ沈黙を保っている。その2人とは「日安建設」を設立した白川司郎氏、それ「行政問題研究所」の竹内陽一オーナーだ。
 7月31日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

第3者割当増資が失敗に終わった「魚喜」に関し、新たな動きが

第3者割当増資で13億円近く集めるつもりが、4億円にも満たなかった「魚喜」(東証2部)。こうしたなか、株式ブローカーの間で早くも「魚喜」自身の売却話が出ている。
 7月28日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »