« 2006年6月25日 - 2006年7月1日 | トップページ | 2006年7月9日 - 2006年7月15日 »

2006.07.07

東京・六本木のTSKビルの地上げ状況を解説した怪文書など

東京・六本木の、かつて「東声会」といわれた暴力団体を率いていた町井久之氏(故人)が所有していたビルが、彼の死と共に債務の清算が始まり、その所有権を巡って複数の事件屋連中が跋扈しているのはご存じの通り。その背後には、外資も見え隠れかしている。その現状を解説した「怪文書」などを入手したので、紹介しておく。
 7月6日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.07.05

人気未公開株式「日本ファースト証券」の株主総会報告

実際は上場予定などないのに、虚偽の事実を告げて大量に売られた「日本ファースト証券」の株主総会は去る6月30日に開催された。当然ながら株主からは批判の声が上がった。その株主総会の様子をお伝えする。
 7月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

北朝鮮のミサイル発射数は10発以上!? 軍の暴走か!?

ついに北朝鮮はミサイルを発射した。それも政府発表によれば6発もだ。いったい、どういうことなのか? 本紙が持つ独自情報網で、他紙が伝えない重要情報を披露する。
 7月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虚偽答弁!? 仲良く「安晋会」代表と問題企業役員に就いていた安倍晋三官房長官②

 安倍晋三官房長官の疑惑に迫る第2弾。第1回目は、「安晋会」代表と、“謎の宗教団体"代表と共に「問題会社」役員に就いていた事実を報じたが、第2回目はなぜ同社が「問題会社」なのか、その核心に迫って行く。
 上場企業代表も巻き込み、大物事件屋が介入し、起きたある企業事件。その事件の道具に何とこの会社は使われていたのだ!
 7月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

名誉毀損事件、鹿砦社・松岡社長に有罪判決。松岡社長は控訴へ

出版社「鹿砦社」の松岡利康社長に対する名誉毀損事件の判決は、懲役1年2カ月、執行猶予4年というひじょうに重いものだった。松岡社長の主張をまったく認めなかった結果だが、この判決、おかしいのではないか? 松岡氏は「不当判決」として、すでに控訴することを表明している。
 7月5日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.07.04

虚偽答弁!? 仲良く「安晋会」代表と問題企業役員に就いていた安倍晋三官房長官

ポスト小泉最有力の安部晋三官房長官だが、本紙の取材で、耐震偽装事件で彼が大嘘をついていた可能性が高いことが判明した。今年1月、国会で証人喚問に立ったヒューザー・小嶋進社長は、この問題で国土交通省幹部に会えたのは、自分は「安晋会」なる団体のメンバーで、その代表に安部氏の政策秘書を紹介してもらい、その秘書の仲介のお蔭と答えた。これに対し、安部氏は仲介の事実を否定したが、、何と安部氏自身とこの団体の代表はある企業の役員を仲良くしていたのだ。しかも、この企業の社長は怪しい新興宗教まがいの団体トップでもあり、しかもこの会社は大物事件屋も加わりある事件の舞台になっていたことも判明した……。
 7月4日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.07.03

疑惑の先物大手業者の営業に、あいかわらず協力する著名人たち

先物取引大手「コムテックス」(大阪市)は、本紙で以前から疑惑を何度も報じて来た問題会社だ。ところが、その高額な講演料に目が眩んだとしか思えないのだが、未だ桝添要一参議院議員他の著名人は、同社が営業の道具に使っているこの講演会に講師とし出ているのだ……。
 7月3日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名誉毀損事件ーー鹿砦社・松岡社長への判決、明日に迫る

 約30年ぶりといわれるこの言論弾圧事件の判決日は、いよいよ明日に迫った。
 検察側は懲役1年半を求刑しているが、よもやとは思うが、実刑判決が下れば、もはやわが国はあの時代に逆もどりだ。神戸地裁はいかなる判決を下すのか?
 7月3日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

 ついに火を吹き出した、マザーズ上場IT系企業「アイ・シー・エフ」の疑惑

 アイ・シー・エフといえば、これまでもライブドア絡みで何かとよからぬ噂が流れていたIT系マザーズ上場企業。この企業につき、ついに本業の粉飾決算などの疑惑が飛び出して来た。本日発売の『週刊東洋経済』もレポートしているが、本紙も内部資料などを入手している。
 7月3日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月25日 - 2006年7月1日 | トップページ | 2006年7月9日 - 2006年7月15日 »