« <新連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(16)政治的思惑 | トップページ | 本間会長だけじゃない。公務員宿舎で愛人と同棲する中堅国会議員 »

2006.12.25

特別寄稿「騙されるな! 債務整理ビジネスの悪質な手口」(連載第1回)

 ジャーナリスト・北健一氏が寄稿。同氏は1965年生/専門は金融や司法/最近の記事「旧商工ファンド がトラブル頻発」(『週刊朝日』06年12月29日号)/同書籍『アメリカの日本改造計画』(イースト・プレス。共著)。
 NHKや民放でも紹介されてきた債務者救済団体「ひまわり道場」をめぐって、深刻な内紛が続いている。背景を探ると、債務相談を使って利権を得る巧みなカラクリが浮かび上がった。ひまわり道場とは、商工業者の団体・豊島民主商工会が1999年に設置した債務者救済窓口で、櫻井俊一氏が総責任者をしていた。櫻井氏とひまわり道場は、NHKや民放の報道番組で「ヤミ金被害者の駆け込み寺」として紹介され、相談者は全国から集まった。ひまわり道場で助かったという債務者も少なくない。だが、ひまわり道場には、毎週金曜日の夜に相談員と債務者が平場で話し合い、借金苦からの脱出法を探すという「表の顔」の他に、「裏の顔」があった。それが「特A」なるものだ。
 12月25日掲載。この記事を見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <新連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(16)政治的思惑 | トップページ | 本間会長だけじゃない。公務員宿舎で愛人と同棲する中堅国会議員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/13192770

この記事へのトラックバック一覧です: 特別寄稿「騙されるな! 債務整理ビジネスの悪質な手口」(連載第1回):

« <新連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(16)政治的思惑 | トップページ | 本間会長だけじゃない。公務員宿舎で愛人と同棲する中堅国会議員 »